フェイスブックツイッターなど、ブログ系のSNSから、Instagrammy365などの写真系のSNSまで実に様々なソーシャルサービスが増えてきました。

あなたはいくつやっていますか?


そろそろ飽きちゃって~とか
やっぱり投稿がしんどくなってきた、なんて人もいるのではないでしょうか。


興味深い記事がありましたのでご紹介。

Facebookで「仮面」をかぶる就活生
――ソーシャルメディア・アイデンティティの光と影 -http://diamond.jp-


smart
-写真はイメージです-


この記事で驚いたのは、就活生がソーシャルメディア(フェイスブック)上の自分に仮面をかぶって演技してまで就職活動をしているというところ。
企業の担当者に向けて、プラスになるように仮面をかぶっているそう。


「ソーシャルメディア・アイデンティティ」

ソーシャルメディア上での「自分」ということらしい。


正直、私には信じられないです。

仮に仮面をかぶった自分で入社できたとしても、すぐにボロが出るだろうし、表に自分を出せる自信がないのであれば何事もうまくいかないんじゃないかと。

それに私だったら、そんな演技しているのに疲れてしまう。


だからソーシャルメディアに疲れてしまう人が続出しているそうだ。
そこで疲れない心がけとして、以下が掲載されているので参考にどうぞ。

① 最低限のマナー・ルール(例えば人に対する誹謗中傷は絶対にしない等)を守ることを除いては、自分が表現したいことを表現する、自分らしい表現をすればいいと、腹をくくってみる。一見精神論のようだが、それを遂行した場合には意外と周囲の反応が温かいことに気づくことができる。ネガティブな言動でない限り、その人らしさというものは、不思議と周囲に好意的に受け入れられることが少なくないものだ。

必要以上に周囲の反応を気にしないこと。人と共有できることの原点的な価値に視点を持ち、多少周囲の反応が芳しくなかったとしても、受け流してしまう。

つながり方をコントロールする。Facebookであれば、つながる人をごく親しい友人だけに絞ったり、グループ機能を活用し、友人、家族、職場など、人間関係を細分化した場で投稿する。

時には休む。ソーシャルメディアへの参加は、そもそも個々人の自由なのだということを忘れてはならない。



私は、ツイッターもフェイスブックも(過去にはmixiも)やっているし、写真系ではInstagramやmy365もやっているし、チェックイン系ではfoursquareもやっているけど、自分を偽ったり演技したりしていないので気が楽です♪

あ、普段でも、仕事とプライベートも何にも変わっていないって?
そうでした(笑) 仕事ではもう少し仮面をかぶるようにします(^^ゞ
blog_icon_kanchan


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。