まだ商品化されてませんが
電子ペーパータブレット
が登場しました。

『遂に来たかぁ!』 
という感じです。


PaperTab


紙みたいに薄いフレキシブル・ディスプレイ10.7インチのタッチスクリーン。ディスプレーの端を折り曲げるだけでページがめくれたり、メールを呼び出することができる。また、それぞれのディスプレイに適したアプリがインストールされており、相互作用する事も可能。さらにディスプレイ同士を合わ せることで、連携してワイドスクリーンになったり、データを瞬時にロードすることできる。
軽量かつ堅牢なので、雑誌のような読書体験を提供しながら、ディスプレイの片側を折り曲げることで雑誌のようにページを切り替えることができる。
ガキの頃に想像してた未来が現実のものになったような感じです。

リボンケーブルとか、ディスプレイの完成度はまだまだかもしれませんが、携帯電話も当初はかなりゴツかったのが5~6年でスッキリしたデザインなったので、近い将来もっと洗礼されるかも。

将来的には、フレキシブル・バッテリーを搭載させるということで、
夢のクルクルっとまるめてバックやポケットに収納することも可能に!

技術的にはもう充分な印象です!
(ここまで使いこなす自信もないのですが、、)

papertab1

papertab2

papertab3

だけど、、、
ただひとつ自分の我儘な注文として
物質の『形態』が変化したら更に便利で素敵ではないかと。

薄型のタブレットのようにある程度硬いほうが、
持ちやすかったり見やすかったりするので、
この電子ペーパータブレットも用途に応じて、
[紙形態][硬質形態]へと変化すればニーズも増すかもしれません。

そこまでは難しいのだろうか?
いや、ここ十数年の技術の進歩を舐めてはいけないと思う。
なんか出来そうな(やってしまいそうな)気がする。


最近、PC出荷台数が減少しタブレットやスマホに需要が傾き
デスクトップPCを抜く日も来ると言われているが、

更に近い将来、電子ペーパータブレットの登場で
現行タブレットの時代も早々に終わるのだろうか?

___栄枯盛衰。

もし電子ペーパータブレットの隆盛で我々の生活が変るのなら、
やはり良い方向へと向かってほしい。


ネタ元:【技術革新】クルクルと丸めてポケットに入れられる電子ペーパータブレットが凄すぎる件

yae

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。