サッカーのプロモーションといえば、
アディダスやNIKEといった大手スポーツブランドが
契約した選手を起用するのが通例。

一昔前ではデビット・ベッカムが、現在ではリオメル・メッシや
ロナウドといった世界最高の選手が広告塔として起用されてます。

今回は、そういった華やかなものではなく
どちらかと言えばマイナーではあるが、
プロモーションとしてとてもユニークなものを紹介。

舞台は女子サッカーのTV中継。

TVの放送中なのに、突如フィールドの左端から緑色の芝生が剥げて
茶色に変化していく

見てる人はゲームに集中しているので、冒頭では変化に気づかないかも?

wwf_001

wwf_002

wwf_003

試合が始まって4分くらいにフィールド全体が
茶色になったところで画面テロップに

「ブラジルでは4分ごとにサッカーのフィールド分の森林が失われています。
WWFのサイトで支援方法を学んでください」


というメッセージが表示。



意表をついた環境問題の告発がとてもユニークです。

超一流選手を起用してスキルや特徴を活かした映像で
インパクトを与えるのも一つの手法ですが、
こういった盲点をついたプロモーションも素晴らしいかと。


※ちなみベッカムのCMを少し紹介しようかと思いましたが、
数が多いのと、なんか虚しくなってきたのでやめました。


元ネタ:WWF、女子サッカーのテレビ中継を舞台にしたサプライズプロモーション

yae


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。