JG080_350A



広告につきもののキャッチコピー。


キャッチコピーは言葉で成り立っています! 


(当たり前ですが・・・)




という訳で


先ほど、小学館の国語辞典「大辞泉」編集部から発表された


[本来とは異なる意味・言い方で使用される言葉ランキング]を紹介しながら


今回、言葉の勉強をしてみましょう。




それでは 早速第1位!


「ハッカー」


本来は「コンピューターやインターネットに詳しい人」だそうです。


本来とは異なる使い方は・・・


説明しなくても分かりますよね?




続きましては駆け足で発表!

「確信犯」「他力本願」「破天荒」




本来の意味はそれぞれ


「信念に基づいて正しいことだと思い込んでする犯罪」 


「自ら悟りを得るのではなく、仏の力によって救済されること」 


「だれもなし得なかったことをすること」 


 



こういうウンチク、


たまに聞くことがあって気に留めていても


ここまで間違いが浸透してしまったら、


本来の意味としてはなかなか使えませんね。


(使った後は必ず「本来の意味はね・・・」と説明も付け加えないと


話がトンチンカンになってしまいそうなので・・・)




その他「姑息」「失笑する」「敷居が高い」


「話のさわり」「なし崩し」「悪びれる」
がランクインしました。


(本来の意味は調べてみてください) 




[本来とは異なる言い方]では


1位 ×「間が持たない」⇒○「間が持てない」 


2位 ×「声をあらげる」⇒○「声をあららげる」  


3位 ×「足もとをすくう」⇒○「足をすくう」  などなど




というわけでまだまだランキングは続きますが




まとめとして


正しい言葉使いが大切ということは分かってはいますが


間違った使い方も大勢が占めれば


コミュニケーションとしての言葉が成り立たなくなってしまうので


変化していってもしょうがないのでは?


という気がします。


言葉っていうのは時代によってどんどん変わるものですもんね!




ただし、言葉を発信していく職業の私たちは


本来の意味・使い方を知っておくことは大事なことだと思います。





それでは最後に問題です。


以下の文章中おかしな箇所はいくつあるでしょうか?


答えはそのうち発表させていただきます。




「熱にうなされながらも、私は怒り心頭に達した。


しかし、よくよく考えてみれば、上には上がいるものだし、


愛想を振りまいてばっかりの私よりも、


押しも押されぬあの人の方が、よっぽど立派ではないか?


そう考えると私は死ぬほど恥ずかしくなった。」



 




blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。