ITニュース

『選挙2.0時代』来る。

みなさまごきげんよう。


LINEが大流行である。(いまさら…)

以前、拙著でも紹介したが(明けおめーる2012年12月28日「ビックス脳」) 

いまやユーザは日本だけでも4,500万人といわれ、女子中高生だけでなく

家族内でのやりとりや、学校でのクラス内の連絡網にも使われているとか。

「グループ」 と呼ばれる特定の集団内で手軽にメッセージを共有できる仕組みが効いているようだ。


そこでこんなニュース。

ネット選挙解禁を受け、政党の「LINE公式アカウント」登場

政党は「LINE 公式アカウント」を開設することで、国内4,500万人以上のLINE利用者に対して、テキスト・画像・動画などでリアルタイムに最新の情報を有権者に配信することができる。また、一定時間の間、ユーザーから意見を募集することができる「ON AIR機能」を利用して、有権者からの意見・要望を受け取ることや、双方向型のコミュニケーションを行うこと
も可能。(「MarkeZine」記事内より抜粋)


早速、調べてみた。



写真 2013-05-13 17 00 43
 
おおお!

できてるできてる!!
(ん?「最新のイベント・グッズ情報をお届けします」って…なに??) 


来る参院選に向け、各党とも迎撃態勢万全といった体である。

投票率の低い20代、30代といった層は、まさにLINEユーザ層には「どハマり」。

有権者の関心は高い。ネット広告大手「アイレップ」(東京)が2月に1000人を対象に行ったネット選挙に関する調査では、「積極的にネットを参考にしたい」が76%に上り、「ネット選挙で投票率が上がる」と回答した人は57%。(YOMIURI ONLINEより抜粋) 

選挙離れが懸念される若者の意識改革にも効果。

数%単位での投票率の上昇が期待されそうじゃあないか。

これはよかったよかった。


と、ここで注意点も。

よく言われているのが俗にいう「なりすまし」

顔の見えないネットの世界では個人がカンタンに他人のフリをすることができてしまう。

もちろん対策(自民党、議員ページになりすまし対策技術導入 - ネット選挙解禁に向け準備) は施されるのだろうが

初めてのこと、というのは

実に何が起こるかわからない。




そこで。

すぐそこに迫った選挙にあたって、もちろんLINEだけでなく

facebookやtwitterといったSNSなどを通じて、各党の政策について考えるとき

ひとつアタマに置いておいてほしいことがある。

本ブログでもよく訴えていることだが…

『情報の本質を見抜く力』
 
これを磨いておいてほしいのだ。 

【hososhiが提唱するだまされないネット活用3か条】
○多くの情報に触れ、比較する力をもつ。
○TVやチラシなど正確な情報と併せて偽物を見抜く。
○いいことばかりを鵜呑みにしない。

もちろん普段のネットサーフィンから

ネット上の口コミや広告には上のようなフィルターをかけておくことが必要だが

特に選挙といった大事な情報を得るときには気をつけてもらいたい。


とはいえ、『選挙2.0時代』の到来。

これまでに増して、国民一人ひとりの意見を反映した選挙となるはずだ。

楽しみながら参加しようではないか!!

closeup1304_02
(画像は「Yahoo!みんなの政治」より)
blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

AR=省略の技術

時計やメガネにAR(拡張現実)のような最新テクノロジー
「ウェアラブル・コンピューティング」。

その筆頭として注目されているのが
『Google Glass』。

saved_quote_image_174528

実に近未来的。



ドラゴンボールのスカウターのように目全体を覆うかと思っていた。
プロモーションビデオを見るとUIがかなりシンプルな印象。

どういう仕組になっているのか(網膜の動き?)全くわからないが、
使い慣れたら面白そう。
朝起きて携帯をいじる習慣がなくなりそうだ。

映像を見ると、言葉を発するだけでライブチケットが買えるシーンがあるが、
手を動かして、PCで検索して販売サイトにアクセスして
購入するという一連の動作・行為が『省略』されている。

glass
http://www.google.com/glass/start/what-it-does/

プロモーションビデオも公開され商品化が現実味を帯びてきた。
「早ければ今年の終わりに登場するか?」と噂される。
仮に実際に普及したら、人々の生活がどのように変わるのだろうか?

生活のレスポンスは高まりそうだが
ズボラな自分は余計何もしなくなりそうだ。

〈元ネタ:坂井直樹のデザインの深読み〉
『ドラゴンボールのスカウターも『Google Glass』も検索するツールで、
その検索窓がメガネになったというだけ。』


yae


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

超お手軽!Wi-Fiスポットを利用したO2Oプロモーション!

今や街中に溢れるWi-Fiスポット。

待ち合わせや暇な時、スマホやPCでフリーで接続できるWi-Fiスポットを
探しちゃいう人、増えてますよね。

そこでWi-Fiスポットを利用した「O2O(Online to Offline)プロモーション」をご紹介。
 
スウェーデンの携帯キャリア「3」による、WiFiユーザーをターゲットにした
ポケットWiFiを売り込むためのユニークなプロモーションをご紹介。


今回のプロモーション場所は「」。
スマホやPCでWi-Fi接続している人が多いです。全く日本と同じ景色(笑)

The WiFi-Ad - YouTube


スマホで無料のWi-Fiスポットを探してたら「Looking for WiFi?」というSSIDが!?

The WiFi-Ad - YouTube (2)


で、接続してみたら・・・

The WiFi-Ad - YouTube (3)

最初に「3」のポケットWi-Fiルータの広告が表示される仕掛け。


動画もどうぞ。





これぞまさに流行りの「O2O/Online to Offline」の仕組みそのもの。

しかもこの仕掛け、全然難しくありません(笑)

フリースポット専用のWi-Fiルータと最初に表示されるWEBページ、
それとブロードバンド回線があればすぐに実施可能
なんです。


Wi-FiルータはこんなのでOK
フリースポット導入キット   FS-HP-G300N   BUFFALO バッファロー


店舗周辺で暇してそうな人が多い場所ではかなり効果的に集客できるのでは?




無数に増え続けるWi-Fiスポット。
利用者も増えているので、ここで目立って集客につなげるアイデアはアリですね!
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

キー配列に革命!?

スマートフォンのソフトキー入力がとてもイラつく。
たぶんそう思っている方は多いはず。

PCのキーボードのようにタッチタイプでスピーディーに入力したいが、
途中で必ずミスタイプ(泣)
心が折れる。

スマートフォンに変更した当初、暫く使えば慣れてきて
いずれ女子高生のようにサクサク打てるだろうと思っていたが、
そんな兆候を全く感じない。

私のような中高年ならまだしも、若い子でも
『キーが打ちにくいからガラケーに戻した。』という話を
通勤電車中でよく聞く。
さらに私の母もiPhoneユーザーで、
たまにイライラしながら『文字が打ちづらいなんとかしろ!』と
訳の分からいお叱りを不完全な文章で受けたことがある。

そんな中、タッチスクリーンで使用する新しいソフトウェアキーボードが登場!
その名は「Minuum」。

2013-03-19-minuum

最大の特徴は、画面のようにキーを一列に配置しているという点。
これによりスピーディに正確なキー入力が可能になるのだという。

574cc37d-s

一般的なキーボード配列はQwertyキーボードで3段配列。
「Minuum」の配列は一列で、スペースを大幅に圧縮できるのが特徴。



上の動画を見ると、入力は非常にスムーズのようだ。
入力予想機能でタイプミスを減少させる仕組みを導入しているとのこと。

お披露目は2013年後半か2014年初頭、
まずはアンドロイドベースの端末向けにリリースする予定。

実際のプロダクトを触ってないが
来年あたりは私も購入して
女子高生のようにサクサク入力できるようになるかも?
母も笑顔でメールを打つ日が来るかもしれない。

それにしても、今までのキーボードにこだわらないこの発想。
IT業界ならではの常識に固執しがちな自分も、
その感性を身につけたい。


〈元ネタ:100SHIKI
『ゼロから発想されたモバイルキーボード『minuum』が良い感じだ』

yae


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

大事なモノにはシールを貼ろう

みなさまごきげんよう。


あっという間に四月、春、うらら。

新入社員サンの歓迎会や花見に宴会。

お酒を飲んで自宅に到着。

「えっ!?iPhoneがない!!」

なんてトラブルに見舞われているかたも多いのではないだろうか。


key_


実際、落し物の件数というのは年々傾向にあります。2010年度の警察庁の拾得届受理数は1976万件、何と日本では1.5秒に1件落し物が警察に届けられている計算になります。このうち706万件の落し物に関しては持ち主の手元に戻りますがなんと1000万件を超える落し物に関しては持ち主不明のまま処分されていきます。


そう、日本の落とし物はドンドン増えており

そのうちの半分は持ち主のもとに戻らぬまま処分されているのだ。


そこに目をつけたのが「落し物ドットコム
51

このサービス、わかりやすく説明すると、Twitterとの連携で

【落とした人】と【拾った人】をつなげよう、というもの。

【拾った人】からTwitter経由で寄せられる情報を

【落とした人】がキャッチ。

落し物ドットコム上でのやり取りで無事持ち主の元に戻る、という仕組みだ。



そんな落し物ドットコムからさらにパワーアップしたサービスが登場した。

それが『リターンタグ』だ。

21



『えっ!?GPS?なにそれ?!』というアナタ。

時代はココまで来ている。


まずはスマホやタブレット、携帯ゲーム機など

春の陽気についつい無くしてしまいがちなものにこれをペタっと貼る。
amazonで購入できるようになっている。

registration

こんな感じだ。

item


さあ、準備はオッケー、後は無くすだけだ!


お、心優しい方が拾ってくれたようだぞ!

46

なんと、拾得者がこのQRコードをスキャンしてくれるだけで

その場所がGPSを利用して特定できちゃうよ、という仕組みなのだ。 
(スキャンできない場合は24時間対応のフリーダイヤルも用意されている。)



Web上のネットワークや、最新機器の機能を

リアル世界の問題解決に利用した

助け合いを美徳とする日本ならではのなんとも心温まるサービスではないか!
(外国ではまず成り立たないよね…)

まだまだ駆け出しのサービスではあるが

利用者が広まり誰でも知っているようなもっと大きなサービスになれば

日本の落し物問題は一気に解決しちゃいそうではないか!



落し物をしてしまったら真っ青になる前に、まずはココを覗いてみるのもいいかもしれない。




 
blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

アプリ開発はあたるとスゴイ!

先日、17歳が作ったアプリを

米ヤフーがなんと3,000万ドル(約28億!

で買収したという記事が流れました。



イギリス・ロンドンの高校生、ニック・ダロイシオ君は

15歳の時にiPhoneアプリ会社Summlyを興し、

その後、同名の自動要約アプリを発表しました。

下の画像はカラフルなアプリの画面です。


06



オノ・ヨーコさんや、

香港の実業家などが投資し話題にもなっていた「Summly」。

アプリ自体はどんなモノかというと、

WEBページの内容や検索結果を素早く500文字程度にまとめてくれる

という非常に実用的な要約アプリなんだそうです。



言語は英語、イタリア語、スペイン語に対応し、

日本語は未対応ですが

特徴としては、

進化し続ける「遺伝アルゴリズム」を搭載していることだそうです。



まずはHTML処理をし、WEBページからテキストを抜き出し、

テキストを分析して、

記事から選び出された「凝縮された部分」を箇条書きで吐き出します。



いくつもの機械学習の手法と、

進化をまねた発見的探索法=遺伝アルゴリズムを利用して行っているという

説明していてもなんのことやら・・・



とにかく2011年の年末にリリースされ、

今まで100万回以上ダウンロードされていますが、

今回の買収によりAppストアからは姿を消してしました。(残念)



ニック・ダロイシオ君は在宅勤務禁止の米ヤフーで

これからはどんな開発に携わっていくのでしょうか。




うーん簡単にアプリを開発できるアプリが欲しい・・・




blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

耳の次はヘッドフォン♪

私が2011年05月16日のブログ「脳波で動くネコの耳。ニューロウェアって?」で取り上げた
脳波で動くネコの耳のプロジェクト。

その続編というか、ニューロウェアプロジェクトが新たな脳波グッズ?を開発中との情報が。


今度は脳波を感知して、好みの選曲をしてくれるヘッドフォン

neurowear-mico-headphones

見た目もなんだか近未来的でカッコイイですね♪


では動画もチェックしてみましょう。





曲にタグ付けされた情報を元に選曲してくれるようですが、まだ精度は不明。
哀しい時にバラードとかじゃなくて、楽しくなる曲などが選曲されるんなら良さそう。

そういった人間の気持ちまで理解できるなら、とても素晴らしい技術ですよね。


私はこのあたりの技術を使えば、老人ホームや病院などでお年寄りや患者さんの気持ちを
自然に和らげてあげることとか、クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life、QOL)に
活用できるのでは
?と思います。


ちなみに脳波で動くネコ耳の動画はこちら。




参考:neurowear.com
元ネタ:脳波を感知して好みの選曲をしてくれるヘッドフォン





私は、脳波でペットと会話ができたらいいのになぁ・・・とよく想像してます♪
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

いやーこれからはネットの時代っすよ!ネット!

みなさまごきげんよう。


突然だが最近の買い物のことを思い出してほしい。

家電?

美容器具?

本やDVD?

洋服?

そう、何かひとつでいいのだが…その際の行動が今回のテーマだ。


いきなり店頭に赴いてアレコレチェック。
 
雑誌でいいモノを見つけた。
 
お隣のおうちで使っているのをみた。 
・ 

 
もちろん、こんな意見は多く聞こえてきそうだ。

ここでこんなデータを見てほしい。
Global_New_-Product_Visuals_-for_Wire_4

「英語がどんな科目より得意だったんだ!」 

という方ならもうお分かりだろう。

このデータ、大手情報調査会社ニールセンが発表した

『新商品購入の意思決定にインターネットがどう影響しているか』 

をまとめたグラフなのだ。

(参考:DIGITAL INFLUENCE: HOW THE INTERNET AFFECTS NEW PRODUCT PURCHASE DECISIONS)


  • 電子機器・・・81%
  • 家電製品・・・77%
  • 本・・・70%
  • 音楽・・・69%
  • 食料品・・・62%
  • 衛生用品・・・62%
  • 健康用品、医薬品・・・61%
  • ヘアケア商品・・・60%

単純にグラフのまとめ方の鮮やかさに驚くのだが

いまや日常に密着した商材のほとんどの購入動機に

ネットからの情報が影響している事が見て取れる。


「いやーこれからはネットの時代っすよ!ネット!」

なんて体感だけでは言えていたのだが

見事この根拠をデータが裏付けしてくれたというところ。

 
このところ発達を続ける情報社会では一般消費者のモノを見る目もぐんぐんシビアに。

店頭の商品説明より、口コミやレビューで賢く、安くが基本になっていきているのだ。

さらにさらに、ここにソーシャルの風が吹き込むことで

『店頭力』はさらに工夫を要求されるようになるだろう。
(併せて読みたい!yukippeのエントリ「イチオシ商品、どこに置く?」


ただそんな時代に消費者側の方にも求められるのが

情報の『収集力』と『選択力』。 

不確かなものや、ソースの定かでないもの。

同じ商品を使ってみても、その人の環境や心境

はたまた好みや期待度なんかでレビューなんてもんのマルペケは紙一重。

口コミ全盛期だからこそ!

これらを見分ける力を身につけていこうではないか!
(店員さんと顔をあわせて相談するのもいいもんだよ!) 



 blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

アイデアを共に創る。

みなさまごきげんよう。



突然だが、明日の予定はいかがだろうか?
○月□日(曇り)
午前11:00~ 商品開発会議
午後14:00~ マーケティング会議
午後16:00~ 社内プレゼン
午後18:00~ 業者ブリーフィング




このように毎日のビジネスシーンでは

会議、会議の連続だ。


そんな場で上司や得意先からこんな事を言われることはないだろうか?

「なんかもっと新しいアイデアない?」

さあ、困った。

自社内での決まったメンバーや

デスクでアタマをひねり続けていても

よほどのアイデアマンでない限り

なかなか斬新なアイデアなんて生まれてくるもんではない。
 

そこでこんなサイトを紹介しよう。

28


このサイト、その名の通りネットを通じて
会議室を開設できるというなんとも素敵なサービス。

登録するだけで、誰でも会議の発起人にも参加者にもなれてしまうのだ。

世の人々の様々なアイデアを募集するもよし。

自分のクリエイティビティを存分に発揮するもよし。

昨今、ロゴ、デザインなどの制作物を一斉発注するコンペを中心とするクラウドソーシングサービスが日本でも活況です。しかし、アイデアを生み出すためには、コンペ(競争)型よりも、対話を通じてアイデアを膨らませるコ・クリエーション(共創)型が適しています。 
株式会社Blabo 代表:坂田氏(スタートアップ・デイティングより抜粋)   


アイデアの煮詰まりがちなオフィス内の狭~い会議室を飛び出して

まさにみんなで共に答えを創りだす「共創空間」となっている。


もちろん、この場はヴァーチャルに限定されたものではなく

実社会でもナイスなアイデアがバシバシ実現されている。

26
16
03

ユニークなイベントアイデアから自動車の展示方法

はたまた行政に関する真剣なテーマまで

「会議室」の議題はさまざま。


人あるところにアイデアあり。

日々、広告制作に携わっている人間として

改めて人それぞれのもつアイデアの可能性に気付かされたサービスであった。



みなさまも「我こそは!」という議題を見つけて

実現の達成感を目指してみてはいかがだろうか。 


 
blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

AR(拡張現実)はおもちゃにも進出!

最近よく聞くAR(拡張現実)
みなさんはもう何かしらのARアプリで体験されましたか?


え?何?まだやったことない!?


今やARはおもちゃ業界にも進出して、
日常生活にどんどん入り込んできているんですよ!

あのおもちゃメーカー「トイザらス」がARで楽しめるジグソーパズルを発売するとの情報がっ!

ニュースリリース[PDF] [トイザらス]

ar

2月下旬発売予定で、1,000ピースで1,990円だそうです。
むむむ、1,000ピースとはなかなか大きめなジグソーパズルですね。


ARの動画も公開されていたのでチェック!
動画を見れば一目瞭然。



おー、これは大人でも楽しめそうな感じですね♪
ちょっとやってみたくなってしまいましたw

残念なことにまだiOSしか対応していないんですね(>ω<)



子供のおもちゃと連動するAR・・・
どんどんおもちゃが進化していきますねぇ。
なんかゲーム機でずっと遊ぶより、ジグソーパズルやARで遊んでくれた方が
感性が育つような?気がします(個人的感想で根拠は何もありませんがw)。


元ネタ:作った後が楽しいARジグゾーパズルがトイザらスから発売(動画あり)


私もしばらくジグソーパズルやってないです。。。
昔々は1,000とか2,000ピースのパズルをかなり作ってました。
しかも「モノクロ」とかの難度でw ←ももクロじゃないですよ(笑)

ジグソーパズルは忍耐力と直感力を鍛えるには良い遊びだと思うんですけどね。
完成後もインテリアとして飾れるし一石二鳥ですね♪
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)