スポーツクラブ

フィットネス市場 回復の兆し

(フィットネスビジネス2014年1月-2月号より)

低迷気味だったフィットネス市場であったが、
2013年は平均売上高、平均会員数、直近3年間では最高値を記録した

特に好調だったのが、
2年連続、年間100店舗以上の出店をしている「カーブス」、
ターゲットを絞った新業態の開発・展開や
老朽化した店舗のスピーディーなリニューアルを成功させた「ルネサンス」、
大型店舗を毎年およそ5店舗以上の出店を続けている「ホリデイスポーツ」だ

この好調3社の共通点は、

お客様は誰かを明確化し、
お客様に約束したことを果たし、
信頼を得ていること


誰に(WHO)』『何を(WHAT)』を明確にし、
いかに(HOW)』をきちんと構築できている

再生のためには、
ビジネスモデルを再定義~再構築して
お客様からの信頼を得る運営をすることが大切だという

Fitness jim in the Lemon Tree Hotel, AurangabadFitness jim in the Lemon Tree Hotel, Aurangabad / kawanet



日頃の運動不足解消であったり
スリムになっておしゃれを楽しみたい!であったり
健康診断の前後に怯えたくない!であったり、

フィットネスクラブの本来は、
やはり日頃の運動の場であると思います

大人たちの日常は、
誘われたら行きたくなってしまう飲み会だったり
恋人や子供たちとの約束だったり
帰る間際に頼まれる仕事だったりと
規則正しく運動習慣をつくることさえ難しい

週に1度は運動すると心に決めて
いざ“日頃の運動専門店”である場所に所属することは
とても勇気と気合のいること

入会するということは、
少なからず変わりたい・変えなくてはいけない自分がいて、
若干安かろうが高かろうが、
ここなら通える!と思う場所に決める

だからそんながんばりを
やはりプロには支えて欲しいのだ

先にあった3社の共通点は、

まさに、
まずは気持ちを受け止め、
それを見守り・応援する受け皿があるということ

体というとてもデリケートな事を相談できるから、
信頼も生まれる

勇気とやる気をしっかりと受け止めて、
その会員様が満足しながらそこに通う

それが一番の
退会防止策なのかもしれないと思いました

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

ダンスブームを支えるスポーツクラブ

ダンスは
全身運動をしながら、
表現力協調性を高められることが注目され、
学校で必修化

子供たちの中でダンスがブームになる中、
波及は大人たちへも広がりをみせている
(2014年1月24日 日経MJより)

140124ダンス

ダンスの指導ノウハウを持たない学校教諭が
子供たちへの指導内容に磨きをかけようと、
民間スポーツクラブに通うケースが多くなってきた

また、音楽大手のエイベックス・グループ・ホールディングスは
ダンスノウハウを活かす取り組みを強化し、
全国のスポーツクラブと連携して
ダンス教室を展開

学校教諭だけでなく、
専業主婦の趣味の一環として学ぶケースも多いという
ダンスの学び方はスクールやDVDで自宅練習など様々

東急スポーツオアシスはダンスキット『カズフミくん』を開発
プロデュースはパパイヤ鈴木さん
1~4の数字が書かれたマットとDVDがついた商品

利用者はDVDを見ながら指示された数字の通りにステップを踏むと
ダンスのステップを学習できるというもの

ダイエットを意識する主婦を中心に人気を集めているそう

学校の授業でダンスを学ぶ子供たちの親世代は現在30~40代

学生だった1980~90年代は人気番組等でダンスが取り上げられていたり、
ダンスを取り入れた歌手が人気を集めていた

自分の子供がダンスを習い始めたことで、
親自身も触発されるケースが出てきているという

ダンス関連は
教室や音響機器、音楽CDやファッションなどなどすそ野が広く、
今後も市場の拡大に期待がもてるという



運動はからきしダメな私
リズム感なんてもちろん存在なし

空を飛べたらと願うのと同じくらい、
ダンスができたらと憧れる

でも今時の子供たちは、
日常の生活の中で、ダンスを踊るから大変だ。っと思うけど、
実際気持ちよく踊れたら、きっと楽しいはず

自己表現の幅も一気に広がるのだろう

そんな子供たちに教える立場の先生たちは
教えるからには自ら踊れることが必須となる

そんな先生の駆け込み寺として
スポーツクラブは存在している

もちろん先生だけでなく、
子供たちも活気立つ
お母さんも躍り出す

ワールドカップやオリンピック招致でもスポーツがとにかく熱い市場となる中、
なんでもできるスポーツクラブから、
ダンスが初めての方へお勧め!や
楽しく踊りながらシェイプアップ!など
ニーズにしっかりと訴えかけ、喚起を起こす販促
大切になってくると思いました

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

健康の大切さを知り行動するのは何歳

(2013年10月14日毎日新聞・2013年10月18日 日経MJより)

今年の体育の日は、
前日の13日、文部科学省の2012年度体力・運動能力調査が話題をよんでいた

驚くべきは、地域のスポーツ同好会やフィットネスジムなどの
スポーツクラブに所属している成人の割合は年齢が上がるほど増え、
70代40%となること

さらに、運動習慣があれば当然のことだが、
70代の運動能力はここ12年の間に
5歳若返り、向上している

逆に30代の運動能力は低下している結果に


グラフ


身体の悩みは性別、年齢関係なくあるものだが、
本当の意味で健康の大切さを知っている人は
生きることに前向きだし、
何をすべきかが考えついたらきちんと行動する
私のように、
なんやかんやの理由を並べて行動しないのは、
本気で身体と向き合っていない証拠

そのなんやかんやが多いのが、
20代・30代の男女
男性でもっとも低いのは、20代後半30代後半の25%
女性で最低なのは、30代後半の19%
なんと70代の半分という結果に

1日や2日で健康になるわけはなく、
習慣づけたいと思っても、仕事やら子育てやらで
時間も金銭面もあまり余裕が無い世代が、
どうしても少なくなる

だから何とか自分のような人が
スポーツクラブに通うには!?っと、
毎日のように頭を悩ませることになる

記事には、
仕事を調整してでも、
子育て中だからこそ
スポーツクラブに行きたくなるような『動機
提供することが必要とある

また、既存顧客の維持は常道で、
優待サービスなどの『経済的絆』や
インストラクターや仲間とのコミュニケーションで生まれる
心理的絆』が大切だとしている

“通いなれているから他に移るのは面倒くさい”と思ってもらえることで、
今まで利用していたところから新しいところに変わる時にかかる
心理的、経済的な負担『スイッチング・コスト』が離反を防ぐ
そうしたことが、既存顧客を維持する上でカギとなる


きちんと通われている方は、
自分のことに向き合い、インストラクターや仲間とコミュニケーションをとり、
身体の変化と充実の時間を手に入れることになる

それを身近な人が体感すること、
また、自分と似たライフスタイルの方の実践や声の発信による
自分事”という意識へつなげること
そこに、日々の運動を必要としている人は多いことを考え合わせると、
まだまだスポーツクラブに通うべき人はたくさんいる

60代、70代に続き、
自身の将来のために、運動習慣をつくりたいと
考えるきっかけとなり、
自分のような方々にもっとスポーツクラブを利用していただきたいと
改めて感じました

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

スポーツクラブNAS 保育+運動+α

(2013年3月13日 日経MJより)
スポーツクラブNASが、同社のフィットネスクラブを活用した
保育所の運営を始める

水泳指導
やフィットネスクラブ会員の高齢者との交流
ネーティブ講師による英語教育が特徴

da-364029小

4月に都内に第1号の“NASキッズユニバーシティ”をオープン
5年で約10ヶ所に増やす意向
合わせて小学生向けの学童保育サービスも提供することで、
共働き世帯のニーズに応える方針

施設は民間マンションの1階フロアを約1500万円で改装
保育所の定員は38人
学童保育は20~30人を収容できる設計

保育料金は週5日、午前9:30~午後7:00まで預かる
ロングコースは月8万6000円
別途1食500円の昼食費用が必要

学童保育は週5日で月4万4000円

英語教育は英語教育サービスのmpiと提携
研修を修了した講師と保育士が指導にあたる

就職活動で英語力が重視される傾向が強まっており、
早期教育のニーズが高まっている
園児が英語だけで過ごす保育所や託児所、
幼稚園の市場規模は
2011年度に275億円と前の年度に比べて9.1%伸びている
(矢野経済研究所)

水泳指導は週2回
5歳までにクロール、平泳ぎなど4泳法で、
いずれも25メートル泳げるようにする

また、昨年8月にオープンしたNAS西日暮里では
会員が自由にくつろげる交流スペースがあり、
紙芝居やお手玉などで保育園児とフィットネス会員が
ふれあうイベントなどを企画する

NASはフィットネスクラブ施設を運営する強みを活かし、
英語だけでなく運動能力も高められる
子育て施設として高所得層を中心に顧客を開拓
来春には都内に第2号施設をオープンする方向



最近の子供はゲームばかりで運動不足がささやかれている中、
保育だけでなく運動能力アップも兼ねているのは嬉しいポイント

しかも運動を教えるプロがいるフィットネスクラブで習えるとなれば、
働いているご両親も安心ですね

共働きをしながら子育てをするのはとても大変だと思います
勉強や運動の心配をしながら仕事をしていたのが、
保育所と運動と勉強が合わされば、
その心配も緩和されるはず

また、保育園に留まらない、
フィットネスクラブでの大人の方たちとの交流
紙芝居やお手玉は
3Dゲーム、タッチパネルで育った子供たちにとっては
新鮮なのかもしれませんね

夫婦共に働くスタイルは当たり前になる一方、
待機児童も多い
保育+運動のカタチは益々期待されますね

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

紹介したくなるスポーツクラブ

(2013年2月6日 日経MJより)

新規会員拡大のための販促として、まず実施するのはチラシや広告。
そして“既存会員様に新規客を紹介してもらう”のも主な手法。

da-377033


その、いわゆる紹介キャンペーンを、
従来の手法から本質的なところを見直し、成功した事例が掲載されていた


とあるスポーツクラブ。
紹介してくれた会員様に
金券をプレゼントする紹介キャンペーンを実施してきたが、
反応は鈍く、思うような結果が出ない

そこで考え方を大きく変え、金券などの利益は提供せず、

大切な人にいいことを教えてあげませんか

という姿勢を中心に据えて取り組んだ


具体的には、
友達や家族の元気をサポートすることをテーマに、
“自分と一緒に運動してみないか”との声かけを呼び掛けた

案内チラシには、
両親に運動をすすめたスタッフの体験談をはじめ、
大切な人を連れてきて欲しい理由をきちんと書いた

紹介という文字は一切書かず
ちょっと一緒に体験いってみない?と声をかけてくださいと掲載した

すると、会員様から「こういう企画をやってほしかった」と反応は上々
特典が無いにも関わらず、以前より多くの紹介者・入会者が得られ、
その後の継続率も高くなった結果に


“どうしたら紹介してもらえるか”ではなく、
クラブに連れて行きたくなるにはどうしたらいいか”を
スタッフ考えたという

お客様から見て道理があることで、共感・行動を生み出した成功事例である



本来、体にいいこと“運動”を
定期的、全天候で楽しむことができる施設がスポーツクラブ

でも近所にオープンするとか、健康診断で気になる結果が出たとか、
思い立たない限り、スポーツクラブに通おう!となかなかならないのが現実
だから、そんなポジティブな場所を
知ってもらうきっかけのひとつとしてあるのが紹介キャンペーン

でもこの記事で注目すべきは、継続率の向上ではないかと

私も大変耳が痛い話ではあるが、
健康意識や適度な運動は、継続することに意義がある
1日2日、また、1ヶ月間だけがんばっても、
ぱったりやめてしまえば、元の、運動不足に悩む日々に戻ってしまう

本来、ジムに通うと聞けば、
自分の健康や美容に対してとてもポジティブだし、
大切な人からみても、健康を意識してもらえて嬉しいもの

従来の紹介キャンペーンと比べ、
会員様に新規客を紹介してもらうことには変わりはないが

紹介する側は、相手を大切に思っているということ。
紹介される側も、相手に大切に思われていると感じること。

通い始めたら、大切な存在である者同士、
健康に前向きに、励まし合いながら通い続けることができる
また、そうしたクラブなら雰囲気も良く、
スタッフへの信頼も深まるのではないでしょうか

このように、善のサイクルが生まれることも見据えた施策を
考えていきたいと思いました


blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

マイフィットプランナー

<2012年11月19日 日経MJより>

フィットネスクラブ最大手のコナミスポーツ&ライフは、
会員一人ひとりの体力レベルにお応じて
最適な運動メニューを個別提案する新サービス

マイフィットプランナー』を開始

これまでインストラクターの経験と勘に頼っていた運動メニューづくりを、
コンピュータープログラムを導入し、
そこに筋肉測定や運動測定を掛け合わせて提案する
業界初となるサービスである

マイフィットプランナーで提案する運動は約200種類
会員の体力レベルに合わせ、トレーニングによる細かい負荷の違いにも配慮し
無理なく継続できる運動メニューを作成できるのがこのサービスの強み

料金は測定からメニュー提案までの所要時間30分で1575円。
トレーニングのコツを教えるパーソナル指導を含めると60分で3150円。
この間、インストラクターが付きっきりになりコストがかさむが、
継続率向上を目指して“基本サービスとして定着させたい”としている

消費者調査で、
『魅力的だと思うフィットネスクラブのサービス』を聞いたところ、
効果的なトレーニングメニューを教えてくれる”が41.2%で最多だった

マイフィットプランナーは有料サービスだが、
これまで、機器の使い方など、
通り一遍のオリエンテーションにとどまっていた入会時のサポートを、
ITを活用して手厚くすることで、会員満足度が上がる余地は大きい



大人になってから自分の体力やカラダのラインを考え、
運動着を着て、トレーニングをすることは素晴らしい出来事
そしてそこには、
個人で奮い立ち、または、ちょっとしたきっかけで始めてみたが、
続けられる人は少ない現実がある

スポーツクラブは通う習慣がつくことで、
運動をするきっかけを失わずに過ごすことができる

そして無料でも有料でも、そのクラブにどんなサービスがあるのかはとても重要で、
そのサービスがあるならやってみようにつながるのではないかなと思います

スポーツクラブに通ったことのない人は、スポーツクラブをフルに使おう!
というより、運動の目的があったり、やってみたいことがあったりで、
それを叶えるために通えるか、通いやすいかを検討することが多いのでは

運動を続けるうえでサポートが充実している
雰囲気が良く、スタッフとのコミュニケーションが楽しい
スパや娯楽など運動以外にも楽しめる付帯施設が魅力など、
結局運動する場所に通い続けられるということが大切なのではないでしょうか

一人ひとりのカラダと向き合うスポーツクラブは、
かかりつけの病院に近いものがあると感じています
このマイフィットプランナーは、多くの実績から導いたデータによって、
自分に合った運動プランが作られる
何となくではなく、納得してスタートできるのは、
続けることに意義のある“運動”を後押ししてくれるサービスですね

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

個性が光るスポーツクラブ

<2012年10月10日日経MJより>
成熟化したスポーツクラブ市場に新風を吹き込むように、
スポーツクラブNASの、個性的な店舗出店の勢いがとまらない

大和ハウスは05年に投資ファンド傘下のNASを買収。
09年、業績の振るわないNASを立て直すべく派遣されたのが柴山社長

『金太郎飴のような施設は会員への裏切り』と、
際立った特徴ある施設を次々オープンしている

今月4日に南青山にオープンしたのは、
入会金10万5000円の会員制エステ
発汗を促す高温多湿の“溶岩スタジオ”でのストレッチ運動の指導と、
エステを組み合わせたサービスを提供

札幌市では今月1日、コンテンツ制作の美人時計と共同企画し、
ヨガスタジオ“NAS美人スタジオ”をオープン

いずれも若い女性へのブランド浸透を図る店舗といえる

また、8月にオープンした“NAS西日暮里”は、
シニア会員の心をつかむ、
昭和の町並みを再現した交流スペース“NAS元気横町”を備える

2010年にオープンした“プレミアムスポーツクラブNAS銀座”は、
経営者らの社交場となる高級フィットネスクラブ

業界の常識にとらわれず、
果敢に顧客ニーズをさぐった結果、
足元業績は回復軌道にある
13年3月期の売上高は前年比8%増の140億円、
営業利益は12%増の7億5000万円を見込む



<2012年10月14日(ルネサンス)日経MJより>
トレーニングジムからプロ野球観戦ができる
スポーツクラブをオープンしたのはルネサンス

9月に開業した“ルネサンス広島ボールパークタウン”は、
広島カープの本拠地、マツダスタジアムのライトスタンド後方に立地
建物の4階にあるジムから、美しい天然芝のグランドを一望できる
マシンの傍らには観戦用のベンチもあり、試合の佳境には人だかりができる

スタジアムの年間指定席のようなものと、
会員様にも好評だ

また、施設は子供から高齢者まで利用できるように設計しており、
テニスコートはクッション性の高いカーペット素材を使っている
足腰への負担を軽減し、ボールがよく跳ね、初心者でもラリーが続きやすい
2階プールには約70人を収容できる見学席があり、
保護者が子供の上達ぶりをゆったり見ることができる

カープ球団が、周辺施設と連携した収益確保に熱心であることから実現した施設
支配人はカープとの協力関係をもっと深めたいと、
施設内の200インチ大型プロジェクターではカープの試合中継をながし、
ロビーには前田健太らの人気選手のサイン入りユニフォームを展示している

施設周辺にはディスカウントストア「コストコ」や商業施設が誘致される計画があり、
ますます集客の機会が広がるとみている



女性は美の追求をやめないし、
高齢化もすすむ
美容健康意識は向上するばかり

そう思うと、スポーツクラブはなんて時代にあった業種だろうと思うけれど、
まだまだ利用者が少ないのが現状

そこで、何かキラッと光るニュースがある店舗は、
興味から入会へつながるきっかけがありますよね

もし通えそうなところに数店あるならば、
“ここにはこれがある”はとっても目安になると思います

そして、健康は一日にして成らず
少しずつでも続けられることが大切
通いやすいや通い続けられるも大事なポイント
近所や通勤先で通いやすい店舗がある方は、
ライフスタイルに取り入れてみるのはいかがでしょうか

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

スポーツクラブに昭和の町並み! ゲームセンター体験ツアー?

消費の安定と意欲あるシニアを囲い込むため、
各社が個性豊かなサービスを次々に提供している。

<2012年8月3日 日経MJより>
スポーツクラブNASが8月1日、
西日暮里に同社最大規模のスポーツクラブをオープン

最上階の交流スペースに子供から大人まで楽しめる、
昭和の町並みを再現した
囲碁将棋映画楽しめるスペースや、
喫茶店やカラオケルームを設置。
会員は無料で利用できる

社長は今のスポーツクラブは似たり寄ったり。
独自色を出さないと会員獲得できないと話す



<2012年8月6日 日経MJより>
ゲーム施設運営のカプコンは、
シニア層獲得の様々な対策を打ち出している。

ゲームセンターで遊んだことのないシニアのために、
『ゲームセンター体験ツアー』を定期的に開催。
4月に20店でツアーを開き、330人を集めている人気のツアー
クレーンゲームの景品の取り方や、
メダル落とし攻略法など2時間にわたり説明するという

また、店長を中心に20人程度のスタッフに
介助士の資格を取得してもらい、
施設での介助や健康チェックサービスの強化する案もあり、
安心して楽しめる体制を整える



スポーツクラブ、ゲーム施設のみならず、
飽和市場の壁に当たることは多々あり、
その中で少ないパイの囲い込みや新規ターゲットの拡大などの施策を練る

初めから無理と決めずに、
拡大の余地がある層を洗い出す
どうしたらその層が動くのか、
消費者側にしっかりと立ち、内面をさぐる

実はそれは自分自身に置き換えれば、
おのずと見えてくることが多いような気がします
また、意外と身近な人に
振り向かせたいターゲットがいたりとか

どうも仕事アタマになりすぎて、切り離しがちな消費者の気持ち
自分だったらどうなのか
あの人に興味を持ってもらうにはどうしたらよいのか
こんなのがあったらいいな
こうなれば行くのにな 買うのにな
そうした気持ちをカタチにした2社のサービス

スポーツクラブとゲーム施設、どちらの施設も
衣食住の生活必需ではない施設。
入ってみようと思わない限り、
施設内に足を運ぶことがないままになってしまう。

しかし、どちらの施設も生活や心身をより豊かに・充実させる+αの施設
良さや楽しさを知ってもらうため、
今後も人の気持ちに立った販促を考えていきたいと思います

blog_icon_sawa



※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

事業拡大の成功は“人”にあり!?

<2012年6月29日 日経MJより>
女性専用フィットネスクラブカーブス
国内市場成熟をよそに、成長を続けている

2005年夏の日本進出から約7年で1170店を構え
約45万人の会員を抱える大手の一角に台頭した
また、45万人の会員がどこから通っているのか、
地図情報で毎月分析も行っている

町の性格にもよるが、商圏人口4万人で1店出店できる。
14年末に1500店の目標はおおむね見え、
2000店までは焦らず出店するという

約450社のFC加盟社も収益が上がっており、
次なる出店意向も強まっている
加盟社を増やすよりは、2店目、3店目の出店で
チェーンを広げたいと、
会長兼最高経営責任者 増本 岳氏(マスモト・タケシ)氏は語る。

類似業態を手掛ける業者もあるが、
形はますぐまねできるが、インストラクターの能力など、
ソフト面はそうはいかない


人材育成に力を入れているカーブスは、熱意と使命感のある人を採用
インストラクターは約500人の会員の顔と名前を把握
健康状態家族構成も頭に入れ、会員と接するという
インストラクター定着率も以前より上がり、
数店舗を管理するマネージャーになったケースもある。
病気や介護の不安がない社会』という、
事業目的に共感している人たちだから成し得ることだろう

店舗での販促は、健康関連商品のサンプリングを
会員向けサービスとして拡大
最近ではダノンジャパンがヨーグルト販売の為にまとめた、
『大人の骨活BOOK』を配布
合わせて、
ダノンヨーグルト容器の裏にカーブスの無料体験券をつけたタイアップを実施
今後も、健康への意識がある企業との連携をしていきたいという



年齢を重ねても、元気に健康に

誰もが望んでいる将来を、
30分という手軽さ
共通意識のある女性同士
親しみのあるインストラクターが常駐する空間で叶える

この、ほどよい運動が継続できる仕組みは、
着実に、健康意識の高い女性を、
元気へ導く仕組みなのではないでしょうか。

続けやすいから続く。おのずと効果もついてくる。
本来の、運動と健康のシンプルな友好関係が、
運動したくてもできなかった女性たちにアプローチ、
事業拡大につながっている

そして、やはり大事なのはそれらを支える“人”であること
そして、その“人”が会員様を大切にする思いがあること

これで女性は大丈夫!
余談ですが、
これからはカーブス男性版ならずとも、
適度な運動が手軽にできる場ができるといいですね

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

東北の元気を支えるフィットネス

東北地方でフィットネスクラブ各社が会員を増やしている

ルネサンス
東北6店の会員数が、
2012年3月期末の会員数が前期末比8.1%増加
全国平均の伸び2.7%を上回った

原子力発電所事故の起きた福島県では屋外の運動を控え、
フィットネスクラブの利用者が増えた

セントラルスポーツ
も、
全国会員数0.4%増にとどまるなか、東北・北海道地域は2.1%伸びた

カーブス
は、岩手、宮城、福島3県
4月の会員数が震災前の11年2月に比べて9.8%増えた

しっかり体力をつけたい
自分の身を自分で守りたい
など、体力づくりへの関心が、
中高年層を中心に高まったのが背景とみている。

2012年6月4日 日経MJより



最近自分の体力に自信をなくしている方
運動したいなと思いながら出来ていない方
私も含め、多いと思います

本当に必要性を感じて始めた方は、
目的もはっきりしていて、継続→
運動の習慣化→体力の維持につながりますよね

未曾有の被害を出した震災で、
健康への意識が高まったことは、
将来的に人々を健康に導いたことになるのではないでしょうか。
誰かを助けたいと思う気持ちも、
やはりまずは自身の身を保つことに行きつくと思います。

地域の方の健康増進施設・コミュニティとしての、
大切な役割を担うフィットネスクラブを、
もっと多くの方に利用していただけるよう、
今後も広告作り、販促のお手伝いをしていきたいと思います

blog_icon_sawa

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)