スポーツクラブ

2012年11月のブログアクセス解析結果

あっという間に12月になってしまいましたが、
たまには「ビックス脳ブログ」のアクセス解析でもしてみましょう!

ってことで2012年11月のブログアクセスの上位の結果発表ですっ!
※2012年12月3日現在



1位:ついに届いた!広告付き無料パンツ「フリパン」レビュー!(118PV)
黄色のパンツ


2位:カッコイイ!レクサスの「CinePrint(シネプリント)」広告!(89PV)
1


3位:ポスターの美女が下着姿に!?面白いARプロモーション(50PV)
STORE_crop


4位:WindowsUpdateでエラーが出て困っている人へ「Fix it」(40PV)
a4083894


5位:個性が光るスポーツクラブ(26PV)
Renaissance
スポーツクラブ&スパ ルネサンス広島ボールパークタウン





ちなみに11月の検索キーワード(フレーズ)の上位はこんな感じでした♪
検索キーワード


やはり初発送された「フリパン」や発売されたばかりの「Windows8」、カッコイイ「シネプリント」のキーワードが上位にいますね。
でも検索エンジンからだけでなく、ビックスのフェイスブックページからも110のUU(ユニークユーザー)がアクセスしてくれていました( ´ ▽ ` )ノ(1ヶ月全体で939のUUでしたので、12%くらいかな?




解析してみるとなかなか面白いですね♪
今後は定期的にアクセス解析結果を投稿しようと思います!
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

スポーツクラブ4社、 施設特徴の打ち出しで、ターゲットを狙う!

◆コナミスポーツクラブ
◎上級者向けゴルフ教室の強化(2011.5.9 日経MJより)
20代から30代の女性を中心に、ゴルフ教室の利用が拡大していることを背景に、
専門のインストラクターを半年後に3倍に増員予定。
ツアープロコーチ内藤雄士氏と共同開発したスイング診断装置を、
昨年の東京都・神奈川県導入に引き続き、
5月に開業したグランサイズ大阪に西日本初の導入をした。

利用者は半数が初心者、1割が上級者とのこと。
どちらの需要もかなえる、幅広い対応が魅力的ですね。
(sawa)
110509コナミゴルフ



◆ティップネス
◎会員制サービスの拡充(2011.5.11日経MJより)
会員制サービス制度『ティップネスWELBOX』
スタンダードとプレミアムの2種のプランを導入した。
スタンダードは月会費+525円で、旅館やホテルが特別料金で利用や
ABCクッキングスタジオの入会金が半額など、20~30代女性もうれしい特典設定になっている。
プレミアムは月会費+840円。家事代行なども利用可。

会員の高齢化・20~30代の新規会員獲得が課題となっている中、
若年層が魅力を感じるサービスを付加することで、
他社との差別化になりそうですね
(sawa)
110511ティップ若者


◎サスペンダー運動プログラムの導入(2011.5.25 日経MJより)
米海軍特殊部隊のトレーニングに着想を得た運動、
サスペンダー型器具を使った新プログラム『TRXサーキット』を導入。
自分の体重で負荷をかけながら筋肉や持久力を鍛え、
初心者でも参加しやすいプログラム。

個人に合わせたトレーニングが可能で、脂肪燃焼効果も期待できる
日本ではまだ珍しいプログラム。

若年層、男女共に人気がでそうな気がします。
(sawa)
110525ティップサスペンダー



◆ホリデイスポーツクラブ
◎プール無し施設の拡大(2011.5.18 日経MJより)
プールを併設せず、投資額を抑えた新ビジネスモデル『ノンプール2000』を、
今年度、8店の出店を計画。

1店舗当たり投資額は約3億円。既存店より1億円程度の削減になる。
水道代・ボイラー燃料代も節約できるため、
月会費も約1割安い6000円台でサービス提供できるとみている。
これまでは15万人商圏を条件に出店してきたが、
10万人規模の都市への出店を強化するとのこと。

施設自体のコスト削減で、安価な月会費の設定につなげることで、
通いやすいクラブが発展。
地域の方の健康が増進するきっかけになりますね。
(sawa)
110518ホリデイ



◆メガロス
◎個別指導専門店、月会費5万円超も会員数100人突破(2011.5.20 日経MJより)
3月に開業した個別指導専門店『メガロス恵比寿』。
個人の体のクセを測定し個別トレーニングメニューを作成するきめ細かさが、
40~50代の男女中心に人気。
1回80分。入会金5万2,500円。月会費5万2,500円~10万5000円。と
決して安くない価格であるが、
開業から2ヶ月で会員100人を突破した。

最近ははっきりとした目的をもって通う方が多く、
プログラムの種類の多さより、
1つに絞り込んで指導するほうが継続率の高い会員を取り込みやすいと判断

入会金無料などディスカウントが目立つ中、
本来の、健康増進の為の専門店という位置付けをはっきりとした、
魅力的な施設だなと感じました
(sawa)
110520メガロス




※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

スポーツクラブかフィットネスクラブか…

いまさらな事?どうでもいい事?なのかもしれませんが
今ひとつ気になる事がありまして…

会員制運動施設の呼称の事です。
「スポーツクラブ」
「フィットネスクラブ」

どちらが正しいのでしょうねぇ…。
正しい…というより一般的なんでしょうか?

大手のクラブの呼称を見ていてもまっぷたつに分かれています。

で、ちょっと「スポーツ」「フィットネス」の言葉について調べてみました。
(といってもウィキペディアを読んだ程度ですが(´▽`)
==========================
運動ビジュアル,jpg

『スポーツ』

スポーツ(英: sport)は、人間が考案した施設や技術、ルールに則って営まれる、遊戯・競争・肉体鍛錬の要素を含む身体を使った行為。競技として勝敗や記録を主の目的として行う場合はチャンピオンスポーツ、遊戯的な要素を持つ場合(楽しむ事や体を動かす事を主の目的として行う場合)はレクリエーションスポーツと呼ぶこともある。

『フィットネス』
フィットネスは健康の維持、増進を目的とした運動
===============================

とあります。フィットネスはずいぶんあっさりした言葉の解説ですよね。
これを読むと世の中の運動施設の多くは「フィットネスクラブ」と言う方がより適切な気がします。けど、~~~スポーツクラブって多いですよね。
なぜフィットネスを「スポーツ」と位置づけるのでしょう??

これまたウィキから…
===============================
日本での「スポーツ」の意味合い 
英語のsportssportの複数形)をその音からカタカナでスポーツと表現される。sportという単語は江戸時代後期の英和辞典に見られるが、スポーツという日本語が定着したのは大正年間のことである。

明治以来の富国強兵、殖産興業の国策を執っていた日本では、遊び戯れるという意味のスポーツが公には肯定されず、国民体育としてスポーツが認識されるようになり、昭和初期には原義とは異なった価値観で発展を遂げた。

また体育(即ち体の発育を促す教育)において、結果的に運動を伴う「スポーツ」が頻繁に用いられる為、体育=スポーツ、又は肉体運動=スポーツという価値観が強く根付いている。

その為、通勤に自転車という交通手段を使用する事をスポーツと称したり(ヨーロッパでは1900年代前半かからロードレースが行われている)、体脂肪の燃焼の為に競技・遊戯性の無い運動(単純なエアロビクスダンスなど)をした事をスポーツと称する場合もみられる(エアロビクスダンスは正式にルールに則った競技性あるスポーツが存在する)。

================================

ちょっと長い引用になりましたが、どうも、「体育=スポーツ」「肉体運動=スポーツ」からスポーツはフィットネスと同義語になっているようです。

…つまるところ…どっちでもいいと(´・ω・`)
厳密に言えば、何を目的でクラブに通うかで名称も異なるのかな?
スポーツの為に鍛えるのなら、「スポーツクラブ」だし
ダイエットや健康維持が目的なら「フィットネスクラブ」…

それにしても、施設を運営している方はどのくらい
「フィットネス」「スポーツ」の区分けを気にしていらっしゃるのかなぁ…

(by MAYU)




※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)