ソーシャルネットワーク

ソーシャルって・・・これ?

先日10月19日~21日までの「新聞週間」、


朝日新聞 が、パソコンやタブレットに対応したブラウザ版


スマホ用のアプリ版で、ソーシャル連動の企画を行いました。




紙面上に、田原総一朗俵万智などの有識者や、


記者によるtwitterのつぶやきが現れ、


意見など、さまざまな情報が更新されていくという仕組みです。




今でもその3日分が閲覧できますので


とりあえず19日版へ。 (アプリ版はこちらから)


ツッコミどころいっぱいありそうですが、


まずは紙面上にいっぱいアイコンが現れたりするので


アカダヤスカズさん重なってて見づらいです・・・)


アイコン表示をOFFにして、

タイムライン表示でつぶやきを見た方よさそうです。 


しかし、その代わり


どこの記事に対してのつぶやきか 分からなくなりました。


ということで再びアイコンONに戻して


いろいろページをめくっていくと、


広告のところではムービーに飛んだり、企業ページに飛んだりと


面白いんですが・・・なんかみんなのつぶやき

あまり意味ないの多くて いちいち開けるの面倒になってきました。


20日版21日版と見て・・・


(21日のMONSTERSの番組告知、告知自体凄いけれど、

さらにつぶやき・・う・うざい・・・)


記事だけでもボリュームあるのに


 だれが、だれがこんなに
つぶやき読むかー!

と思ってしまいました




よく見るとこうありました↓

2012_1030

そりゃ一般の方も参加したら

収集つかなくなるでしょ。


livedoorニュースでもこの見出しです。↓


大コケで終了の朝日新聞のTwitter連動企画socialAのトホホな内容

う~ん「ソーシャルの意味をはき違え」という記事の中の一文が


的を得てます。(本来は「
的を射る」ですね


今回は

“他人の失敗から学べ
というお話でした。






blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

「日清 ラ王」にみる ソーシャルネットワーク上でのマーケティング効果

日清食品:わずか1カ月で「ラ王」復活 - 毎日jp(毎日新聞)

知っている方もいると思いますが、8月2日にあの「日清 ラ王」が
生産を終了すると発表がありました。
何と追悼イベントも行われました。

私もTwitterで残念だと発言しましたが、
なんと8月24日に「ラ王」復活が発表されました。


ラ王、始まる。 http://twi-tou.rao.jp/


予想外の展開に、SNS上では次々と驚きの発言が広がりました。
そこで、私(kanchan)なりにその反応・効果を分析してみました♪

ラ王SNS

上の図は、「ラ王」を含むTwitter上の発言(ツイート)数と、
発言がTL(タイムライン:注1)に表示された数の分布図です。(※直近1か月)
注1:タイムライン→Twitterで、自分を含む発言が表示される領域のこと。

生産終了の告知の時点では、発言数も期間(発言の集中)も
それほどではありませんでした。(※図左下)

が、復活のニュースが流れると、とたんに「ラ王」「復活」を含む発言が
短時間に集中して発生しました。(※図右上)


数値で見てみると、発言元ツイートが500弱、それにリツイート注2
フォロワーのTLに表示された件数をみると、約25万件にもなります。
※注2:他人のツイートを、自分のフォロワーに紹介したり、自分のコメントを加えて再度ツイートすること。
※フォロワー:自分のツイートを見ている人のこと。フォロワーがたくさんいると自分の発言の露出が増える。


これはTwitter上だけでのデータですので、
実際は連動したmixiなど他のSNSや、ブログなどでも関連情報が
投稿され、さらに目にする人も多かったと思われます。



あえて「リニューアル」ではなく、「生産終了」させてから「復活」させた
マーケティング手法は一部のファンの間では「騙された」との批判もありましたが、
ソーシャルネットワークだけでなくマス媒体も活用(ニュースリリースを2回流せる)し、
情報を短期間に集中して拡散させたという意味では成功事例ではないでしょうか?



今回、SNSをはじめとした「ユーザー参加型口コミマーケティング」が
重要になっていると実感しました。

(by kanchan)


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)