データ

ビッグデータでビッグチャンス!

555

最近よく耳にする「ビッグデータ」

ビジネスに活用する企業が増えており

国内で活用した場合

小売業などの販売促進の経済効果が

年間約7兆円に達するとも言われています。
(平成25年度版「情報通信白書」より)





n1302080

上図:ビッグデータ流通量の推移(産業計)

(出典)総務省 
平成25年「情報流通・蓄積量の計測手法の検討に係る調査研究」





では、ビッグデータとは何なのか?

今までのマーケティングデータとは何が違うのか?




ザックリと説明しますと


まず、スマホやポイントカード、ICカードなど

顧客接点がIT化してデータの質が変化し

膨大なデータが集積されるようになりました。




そして、そのIT化によって

分析した結果を

迅速にフィードバックできるようになりました。




そこで、今まで集積されたデータを有効に

事業に結びつけたいという意識が高まりました。




さらに、データ処理、分析するためのツールが

低コストで導入できるようになりました。




そんなこんなで

ソーシャルメディアデータやECサイトの購入履歴

もちろんポイントカードやICカードのデータ

GPSデータやログデータ

その他WEB上のありとあらゆるデータや

従来通りの顧客データなどが集められ




ビッグデータとして

活用され始めたということです。


n1302090


上図:ビッグデータ流通量の推移(メディア別)

(出典)総務省 
平成25年「情報流通・蓄積量の計測手法の検討に係る調査研究」







 
さてそれでは

各社のビッグデータ活用例を見てみましょう。




回転寿司の「あきんどスシロー」


今まで店長の勘と経験に頼っていた需要予測を


すべての皿にICチップを取り付け


単品ごとに販売状況を管理。


売れ残りを減らし、

廃棄量をこれまでの4分の1ほどに削減達成しました。





ファミリーレストランの「ガスト」


定期的に行われる「メニュー改定」に


Tポイントを用いたビッグデータを活用して


メニューの見直しや


リピーターの多い料理のフェアなどを行い


集客数アップ、増収益につなげています。





また、
業績好調な「カルビー」


「ポテトチップス」の材料となるじゃがいもの

疫病予測データと生育・栽培データなど


クラウド上で蓄積したビッグデータを


約1100の契約農家に発信して

疫病リスクを徹底的に抑え込み


原材料調達の安定化に努めています。





他にもいろいろ各社の事例がありましたが


どのようにデータを利用するのか模索しながらも

ビッグデータに注目している様が見受けられました。





尚、「セブン&アイグループ」では


オムニチャネル戦略と絡めて


向こう3年で、数百億円規模のシステム投資になる


ビッグデータを蓄積して分析・活用するための


インフラの構築を進めていくそうです。





データを活用している企業は


財務指標が他の企業より20%も上回っているといいます。


企業はビッグデータがもたらすビジネスチャンスを


掴まない手はありません。
 




全体を駆け足で紹介してみましたが


ビッグデータは奥が深いです。


興味を持った方は色々と調べてみてください。





ちなみに今後は


統計学者、データ分析の専門家など


「データサイエンティスト」という


人材の需要が大変見込まれているそうです。


う~ん「データサイエンティスト」・・・


カッコいい・・・・







blog_icon 


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

いやーこれからはネットの時代っすよ!ネット!

みなさまごきげんよう。


突然だが最近の買い物のことを思い出してほしい。

家電?

美容器具?

本やDVD?

洋服?

そう、何かひとつでいいのだが…その際の行動が今回のテーマだ。


いきなり店頭に赴いてアレコレチェック。
 
雑誌でいいモノを見つけた。
 
お隣のおうちで使っているのをみた。 
・ 

 
もちろん、こんな意見は多く聞こえてきそうだ。

ここでこんなデータを見てほしい。
Global_New_-Product_Visuals_-for_Wire_4

「英語がどんな科目より得意だったんだ!」 

という方ならもうお分かりだろう。

このデータ、大手情報調査会社ニールセンが発表した

『新商品購入の意思決定にインターネットがどう影響しているか』 

をまとめたグラフなのだ。

(参考:DIGITAL INFLUENCE: HOW THE INTERNET AFFECTS NEW PRODUCT PURCHASE DECISIONS)


  • 電子機器・・・81%
  • 家電製品・・・77%
  • 本・・・70%
  • 音楽・・・69%
  • 食料品・・・62%
  • 衛生用品・・・62%
  • 健康用品、医薬品・・・61%
  • ヘアケア商品・・・60%

単純にグラフのまとめ方の鮮やかさに驚くのだが

いまや日常に密着した商材のほとんどの購入動機に

ネットからの情報が影響している事が見て取れる。


「いやーこれからはネットの時代っすよ!ネット!」

なんて体感だけでは言えていたのだが

見事この根拠をデータが裏付けしてくれたというところ。

 
このところ発達を続ける情報社会では一般消費者のモノを見る目もぐんぐんシビアに。

店頭の商品説明より、口コミやレビューで賢く、安くが基本になっていきているのだ。

さらにさらに、ここにソーシャルの風が吹き込むことで

『店頭力』はさらに工夫を要求されるようになるだろう。
(併せて読みたい!yukippeのエントリ「イチオシ商品、どこに置く?」


ただそんな時代に消費者側の方にも求められるのが

情報の『収集力』と『選択力』。 

不確かなものや、ソースの定かでないもの。

同じ商品を使ってみても、その人の環境や心境

はたまた好みや期待度なんかでレビューなんてもんのマルペケは紙一重。

口コミ全盛期だからこそ!

これらを見分ける力を身につけていこうではないか!
(店員さんと顔をあわせて相談するのもいいもんだよ!) 



 blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)