ファミリーマート

企業のキャッチフレーズ

今回はこの本を参考に!



_SS400_



タイトルにもある通り


「誰かに教えたくなる・・・」ということなので


教えたくなってしまった私が、


少しお教えすることにしましょう




と、その前に・・・みなさんがすぐに思いつくフレーズって何ですか?


「コ・コ・ロも満タンに・・コ・ス・モ石油


でしょうか?


それとも


「あなたと、コンビニ、ファミリーマート」?




昨年10月に実施された、日経BPコンサルティングの


「企業メッセージ調査2012」の結果では・・・

01_px400



これは、メッセージを聞いて企業名が分かるか?


という「企業名想起率」で調べたランキングですが


あまり浸透してなさそうなものもチラホラ・・・?




それでもフレーズをよく見ると


企業のメッセージが十分伝わってきます。




ヤマト運輸「場所に届けるんじゃない。人に届けるんだ。」


なんて私は企業フレーズとは知りませんでしたが


ヤマト配達員の熱い熱い思いが伝わってくるじゃないですか!




なるほど!先ほどの書籍に戻ると


“企業のキャッチフレーズとは、

企業とその製品を力強いフレーズで指す「雄叫び」”




と定義したいと言っています。


(まさしくヤマト運輸の「雄叫び」なんですね





また、メッセージの利点としては


くり返し発信することによる


ザイアンス効果もあります。


(くり返し接すると、好意度や印象が高まるというアレです)





前置きが長くなってしまいましたが


ここからは、私がチョイスした実際の世界一流企業のフレーズをご紹介します。



ジャガー(車)
「Don't dream it Drive it(憧れるな。乗ってみろ)」



ヒルトンホテル
「The places you'd rather be(行きたかった場所はそこにあります)」



ケロッグ(シリアル)
「The sunshine breakfast(お日さまの朝ごはん)」



ダンキンドーナツ
「Just the thing(まさにこれ)」



アマゾン・ドットコム
「Earth's biggest selection(地球最大の品ぞろえ)」




などなど・・・業種的には特にホテルや航空会社が、


それぞれ上手にラグジュアリー感のある企業の思いを伝えてました。





みなさんの会社は、


どんな「雄叫び」をあげているのでしょうか?




blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

セカイカメラでクーポン配布が始まりました!

もはやクーポンは紙でも携帯アプリでもなく、拡張現実の世界に存在するように
なりそうです。

セカイカメラで無料クーポンを入手、頓智ドットらがスマートフォン向け新サービス -ITpro-
頓智ドットと伊藤忠商事、ファミリーマート、ファミマ・ドット・コムの4社は2011年2月28日、AR(拡張現実)アプリ「セカイカメラ」とファミリーマート店頭のマルチメディア端末「Famiポート」のクーポン発券サービスを連携させる新サービスを開始したとを発表した。キャンペーン第一弾として、1都9県で先着5000名を対象にしたフライドフード「ファミチキ」の無料クーポン配布を本日から始める。 -記事より抜粋-

↓ファミチキが宙を舞っております(´∀`)
ar

スマートフォンのアプリケーションである「セカイカメラ」に対応した「エアタグ」が表示される。
で、タップして表示されたIDを店内にあるFamiポートで入力してクーポンと交換するようです(*・ω・)ノ

QRコードでクーポンを得るよりは「探す」楽しみはありますね。
ただ開発やクーポン発行のコストとの費用対効果がどうかが気になります。
あとはARに夢中になりすぎて、交通事故等に気を付けないといけないかも?

今後もどんどん生活に入り込んできそうなAR(拡張現実)ですが、
実際の「現実」(お小遣い等)が「拡張」してほしい今日この頃です(・∀・)


【関連リンク】
頓智ドット株式会社
伊藤忠商事株式会社
セカイカメラ



(by kanchan)


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)