ロボット

ロボット登場!!

(唐突に)あなたの家にロボットはいますか?




トランスフォーマーやガンダムの話ではありません。


ホンダの「ASIMO」のような


“人間の操作を必要としない自動的に動く機械”のことです。




定義を調べると、あいまいな部分も多いのですが


自らロボットと言い切っているのがロボットでしょうか?


↑(いいかげんな・・・・)




娯楽用ではソニーの「AIBO」(昔すぎますか?)、


実用ロボットでいえばアイロボット社の「ルンバ」!などなど


(ルンバは社名からしてもロボット当確でしょう)




自分たちが子供のころに描いていたイメージでは、


21世紀ではどこの家庭でも、家事はすべてロボットがやってるはずでした!


それがせいぜい掃除止まりとは・・・・




ということで、


実用ロボットは置いておいて、


今回、娯楽、愛玩用のロボットをいくつか紹介します。




かわいいスマートペットです。


44



やっぱりというか、iPhoneを利用したロボットです。


こちらはバンダイのロボットペットですが


iPhoneまたはiPod touchでアプリをダウンロードすると顔になり、


その顔(画面)をタッチしてコミュニケーションをとります。


(さてようやく「ビックス脳ブログ」っぽい内容になってきました!)




そして話題(?)のRomo


35



こちらも同じくアプリをダウンロードして使います。


リンクページの赤地のところ左上「Meet Romo」動画を観てみてください。


これちょっとおしゃれかな? iPhoneのトーンに合っている気がします。





そしてMOBOTO


こちらは目覚ましのアラームに合わせてわめきたてたりするそうです。

54_m





もうロボットなんだか、ただのiPhoneアクセサリーなんだか


わからなくなってきました。


まあある意味、iPhone自体がロボットなのかもしれませんが・・・


こういったアプリ連動のものがまだまだ増えそうな予感がします。


アプリ同様、このマーケットは開拓余地がまだまだありそうです。




ただしネーミングがみんな同じような・・・


これは早い者勝ちでしょうね。





それでは最後にこれぞロボットを紹介しましょう。


しかも自分で作れます。


毎週買って作るパートワーク雑誌、おなじみデアゴスティーニから


週間「Robi」です。


32


先月の発売から大人気で、創刊号、第2号と品切れで今は増刷中らしいです。


根気と予算がある方はぜひチャレンジしてみてください。





今回いろいろと調べてみて思いました。




iPhoneがロボットの頭脳の役目を果たすということは、


次はひょっとして、


ルンバ以外に、待ちに待った家庭用の実用ロボット


スマートフォンに機能的なパーツを付ける


ことでできるようになるのでは?






未来のロボットにこれから期待しましょう!




blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

凄すぎる!Amazonが650億円で導入する倉庫ロボットの動画

ネット通販といえばamazon!
amazonといえば通販!
楽天も人気ですが、発送速度の速さにほとんど差がないamazonがやっぱり便利だなぁと思う人も多いはず。
そんなamazonがさらなる効率化を狙ってついに倉庫用ロボットを導入するそうです。

そのロボットの値段はなんと650億円!
何世代先まで裕福に暮らせんねーん!と言いたくなるような金額。
そんなに高いロボットって一体どんな動きをするの?そんなに凄いの?
そんな疑問を解消してくれる動画がコチラ。



な、なんだこれは

まるでアニメ、映画の世界。
こんな動きをするロボットが作れる日が来るなんて…人間やれば出来るんだなぁと思わされる動画です。

オレンジの本体の動きは基本、床にあるレール部分で道筋判断がされている?ようですね。
いやしかし、どんなアルゴリズムでこれが動いているのか知りたい…聞いたところで頭から煙が出て終了なんて事になりそうですがw


「そろそろガンダムが作れる時代に来たんじゃないでしょうか。」
blog_icon_fumin

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

「存在感」の伝達を可能にする「ヒト型携帯」

ビックス脳の公開が開始されてから、iPhoneをはじめ様々なスマートフォンの記事を書いてきましたが、今回紹介する携帯はー

「存在感」の伝達を可能にする「ヒト型携帯」

大阪大学の石黒浩教授が開発を進めている携帯なのですが、「存在感」の伝達と言われてもイマイチ想像できないですよね?


テレノイド・遠隔介護サービス


これが手のひらサイズになって携帯電話となるとのこと。

もう携帯電話もココまで来たかって感じですね。Σ(゚д゚;)

軽量化・多機能化という方向性からは全く逆走していますが。(゚∇゚ ;)


石黒氏は商品化も示唆しているそうなのですが、さてどれだけ需要があるのか・・・。

デフォルメしたキャラクターにすれば需要はありそうですが。(*´∇`*)


近年のロボット技術の進化には、ただただ驚かされるばかりです。
。゚(゚´Д`゚)゜


(takeda)



※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)