拡張現実

今週の注目記事ツイートまとめ(2/18)

今週の注目記事ツイートまとめは、面白デジタルサイネージからAR関連銘柄の情報まで。




※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

拡張現実を用いた食感の変化「Tag Candy」

これまでiPhoneを使った拡張現実(AR)の紹介をしてきましたが、今回は『食感』を変化させる拡張現実のご紹介。



舐めることを検出するセンサーが傾きが発生した時の値を基に、振動スピーカーが振動出力し、アメ自体を振動させ、それが歯にあたると骨伝導し、音が聞こえることによって「りんごを食べた時のシャキシャキ感」「花火」などの非現実的な食感を楽しむことが出来る。

簡単にいうと、そのキャンディーに存在しない「味」を実現させる機械です。

研究室はこの技術を発展させ「味のダウンロード」を検討中とのこと。
味のないキャンディーにダウンロードしたデータを流すことで、様々な味が楽しめるようになるとか。

「視覚」「味覚」の拡張現実が発明され、今度はどんな「感覚」の拡張現実が現れるのでしょうか?

フィットネスで活用するのでしたら「水中での負荷が体感できる拡張現実」とかでしょうか?



(takeda)



※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

ARを用いた対話型デジタルサイネージ 富士通

カメラで認識した映像に連動して表示が変わるデジタルサイネージです。

AR(拡張現実)の技術は、iPhoneなどのスマートフォンで
アプリとして徐々にメジャーになりつつある技術です♪
一番有名なのは、iPhoneアプリの「セカイカメラ」でしょうか(・∀・)

外部リンク→
「セカイカメラZOOM」で携帯電話にも広がる拡張現実(AR)の世界




【ARとは?】
AR(Augmented Reality)と呼ばれ、「拡張現実」と訳される。現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境のこと。
ウィキペディアより

私なりに簡単に言うと、

「映し出された映像にデジタル処理で映像を重ねて、
あたかも現実に起きているような映像として表現させること」


ってとこでしょうか。


先日のデジタル自動販売機と同じで、
インプットしたデータをデジタル加工してアウトプットする手法で
さまざまな情報を表現できると思います。

販促の分野に活用されるのはもう少し先になりそうですが
イベントなどで活用できそうな感じです♪

(by kanchan)



※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)