販促

レッドカーペットにおける販促

先日発表されたアカデミー賞


普段は映画に疎い人でも


この時期だけはメディアの影響で


 なんとなく話題にしてしまいます。


 

そしてやはり超一流のムービーセレブ


さっそうとレッドカーペットの上を歩く姿は


私たち一般人にとっては憧れとして話の種になるのです。


a





以前BSテレビで放送された


「レッドカーペットの舞台裏」という番組では


女優に服や商品を身につけてもらおうと


各ブランドが繰り広げる「セレブ争奪戦」


紹介していました。




有名女優にはブランド側から


レッドカーペット用にオリジナルのドレスが提供され、


バッグやジュエリーなどの小物も選び放題といいます。


実際ミラ・ジョヴォヴィッチが出ていました。


バンバン商品を選んでいました。(記憶曖昧)


□□□□万円分とか言ってたような気がします。(またまた記憶曖昧)



さらには巨額の報酬なども支払われる場合もあるそうです。




レッドカーペット上では


レポーターからはドレスやジュエリーについて質問され、


雑誌のページで掲載され、ネットで配信され、


その宣伝効果は


ファッションショーとは比較にならないほど大きいからです。




ブランド側からしてみれば


高価なドレスは無理でも


あの女優と同じ小物が欲しいと


バッグや、アクセサリーなどを買ってもらえれば良いのです。



最近ではブランド側と女優を取持つ仲介業も出てきたといいます。



実際商品を提供したのに


使用してもらえなかったという揉める例があるからです。




みなさんもいつかレッドカーペットを歩く時がくるかもしれません。(?)


今回は、その時のことも含めて


ファッション業界の裏の販促話でした。




blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

サンタ絡みのソーシャルプロモーション

クリスマスを控えたこの時期、


サンタさんを起用したキャンペーンや


イベントなど目白押しです。


そんな中、


今回はソーシャルプロモーションに関するものを


少しご紹介させていただきます。




「Panasonic」
あなたのいいね!サンタは誰?


panasonic

TwitterやFacebookで


今年一年、誰があなたに一番多く「いいね!を届けてくれたのか分かります。


直接サンタさんには関わりないですけれど、


あなたにとってのサンタさんという意味で使われています。


「いいね!」を多くくれたヒマな友人はこれからも大事にしましょう!




そして、サンタクロースといえばやっぱりコカコーラ!


サンタの衣装の赤はコカコーラ起源だという説(?)もありますが


1930年代にサンタクロースを広告に起用して


イメージ作りに貢献したのは事実らしいです。


(この話の真実を追っていくと長い話になってしまいそうなのでやめておきます)


ttl

「みんなのスマイル、みんなハッピー!」です。


大切な人とのスマイル写真を


ソーシャルメディアや、


全国各地のクリスマスイベント会場に設置した


「スマイルフォトマシン」で撮影、シェアし、

news_20121105_03



たくさんの笑顔を集めて、みんなで笑顔になろう!というキャンペーンです。


スマイル診断コーナーなどもあり楽しめます。


これも特にサンタさんが主役なわけではないですが・・・




大丸・松坂屋では


「みんなで育てるクリスマスツリー」


51


WEB上画面のツリーにオーナメントを飾って、


プレゼントに応募できるというものです。


(あれれ・・これもはサンタは画面上に現れて消えて行くだけです・・・)



キリンビールは「フローズンサンタを探せ」


01

ソーシャルメディア内でのキャンペーンです。



という訳で


あまり紹介できませんでしたが


やっぱり


サンタクロース=プレゼント⇒キャンペーンということで


この時期、

まさしくこの人にかなう販促アイコンは無いのではないでしょうか?




blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

トイレ用デジタルサイネージ 尿量測定SEGA(トイレッツ)

男性用のトイレにいろいろな仕掛けをする販促案は過去にも多々あったと思うのですが、今回はデザイタルサイネージを使った販促の紹介。



中々面白いとは思うのですが、「これさっきトイレ行ってもらったクーポン!」とか言われたら、ちょっと嫌な気がするような・・・。

飲み屋とかお酒が入ってジョークが通じるような場所でないと、実働は難しいのでは?

デパートとかに設置したら、子供達がおもしろがってトイレに行列とかできそうですね。

(takeda)



※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)