AR

今週のキュレーション(5/23)第169回

暑い!暑い!
気温が25℃どころか30℃を超える地域もあり、まさに夏。
早くクールビズが発動して欲しい今日このごろ。(ちなみに弊社は6月からノーネクタイ)

今週のまとめは8つ!

利用者が4億人を超え、個人スタンプの販売も始まったLINEのスタンプの企業利用や
「バイラルメディア」「ネイティブ広告」「動画広告」「AR」など
販促にまつわるツイートが満載!

広告関係者は特に見逃せないぞ!


今や文化になりつつある「LINE」のスタンプ機能スタンプのビジネス利用は広告と捉えられづらいため、効果が高い。そして価格も高い(´・ω・lll)
line



個人販売できるようになったLINEスタンプの申請時の注意事項などのまとめ記事。スタンプ販売を考えている人は必読
LINE Creators Market


ネイティブ広告(記事風で広告に見えない広告のこと)とステマの差は?倫理的な観点から手法を分析。


SNSが普及し情報の拡散がキーワードになる中、バイラルメディアは既存のネットメディアやマス媒体とどうやって差別化していくか。非常に注目したい市場。


ネット動画広告市場はまだまだ伸びる予想。「ネット」動画だからこその利便性やデータ分析で活用が広がる。ネットは効果測定が取りやすいという特性がありますからね。


企業の広報力についてのコラム。企業として情報の収集から分析、戦略、発信など、様々なインプットとアウトプットが試されている時代。ネットやSNSの活用もそのひとつ。


これは期待!AR機能で撮影した文字をリアルタイムに翻訳して表示。Googleとの連携で、世界中の言語に対応できるのでは?


ハーレーに興味がある人は、必ずハーレーと写真を撮りたがる」のは分かる気がしますが笑える(笑)ファンの深層心理、行動分析による最適なプロモーション手法は見事。必読!




最近ビッキーくんのツイッターアカウントも徐々にフォロワーが増えてきました♪
まとめ以外にも、面白い、為になるツイートが満載ですので、ぜひフォローしてください(^^ゞ

@bickey_tweet ←ビックスツイッターアカウント
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

AR(拡張現実)はおもちゃにも進出!

最近よく聞くAR(拡張現実)
みなさんはもう何かしらのARアプリで体験されましたか?


え?何?まだやったことない!?


今やARはおもちゃ業界にも進出して、
日常生活にどんどん入り込んできているんですよ!

あのおもちゃメーカー「トイザらス」がARで楽しめるジグソーパズルを発売するとの情報がっ!

ニュースリリース[PDF] [トイザらス]

ar

2月下旬発売予定で、1,000ピースで1,990円だそうです。
むむむ、1,000ピースとはなかなか大きめなジグソーパズルですね。


ARの動画も公開されていたのでチェック!
動画を見れば一目瞭然。



おー、これは大人でも楽しめそうな感じですね♪
ちょっとやってみたくなってしまいましたw

残念なことにまだiOSしか対応していないんですね(>ω<)



子供のおもちゃと連動するAR・・・
どんどんおもちゃが進化していきますねぇ。
なんかゲーム機でずっと遊ぶより、ジグソーパズルやARで遊んでくれた方が
感性が育つような?気がします(個人的感想で根拠は何もありませんがw)。


元ネタ:作った後が楽しいARジグゾーパズルがトイザらスから発売(動画あり)


私もしばらくジグソーパズルやってないです。。。
昔々は1,000とか2,000ピースのパズルをかなり作ってました。
しかも「モノクロ」とかの難度でw ←ももクロじゃないですよ(笑)

ジグソーパズルは忍耐力と直感力を鍛えるには良い遊びだと思うんですけどね。
完成後もインテリアとして飾れるし一石二鳥ですね♪
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

人にバレずに戦闘力を測れる時代はもうすぐだ

こんにちはふーみんです。

皆さんは漫画やアニメに出てくるアイテムで
ハイテクでカッコいいものに憧れた事はあるでしょうか。
私世代の男子でいえば完全なるドラゴンボール世代でして、
そのドラゴンボールの中で欲しいなぁと思っていたものがあります。

それはスカウターです。
皆さんご存知でしょうか。

ドラゴンボールを知っているなら画像を見ればすぐわかると思います。
それがこちら。


ブログ用_450_450サイズ-
サイヤ人の王子がドヤッと左目につけているメガネのようなもので敵の戦闘力をピピピッと測れちゃう。
(
天王寺駅の不動産屋ブログ様より画像を引用させていただきました。)


ドラゴンボール世代の小学生はこのスカウターに少なからず憧れた人が多く、
私の周りにもおもちゃのスカウターを購入していた人がいました。

当時からすれば、こんなサイズの透けたメガネテレビ(みたいなもの)なんて、
ただの想像上のもので実現なんて不可能なんじゃないかと思っていてかなり憧れたものです。

しかし、人間の技術の発達というものは凄すぎるもので、
想像したものに"近しい技術から"1つ1つ進めて実現していき、
漫画やアニメに出てくる夢のようなものを開発してしまいます。

前置きが長かったですが、そんな驚きの技術がもうすぐ市場に出回る?!との噂。
今回紹介するのはこちらです。


ブログ用イメージ

コンタクトレンズ並に超小型・薄型の液晶ディスプレイがもうすぐ市場へ

なんと今の時代では透け透けのコンタクトレンズ並に小型で
薄いディスプレイ
が作れるようになっていました!

実際の映像をyoutubeの動画で見てみましょう。




う、薄い、小さい、文字がちゃんと出てる…!
実際にはまだ距離感の問題などでコンタクトレンズのように使用した場合に、
明瞭な文字が見えるようには出来ないようなのですが、それでもすごい!

開発が進めばコンタクトレンズとのタッグで
スマホを通さないARが可能になりそうな勢いです!

つまり、
通りすがりのマッチョなお兄さんやお姉さんの戦闘力を測ったり、
アナタの気になるライバルの能力を測れたりするかもしれないのです。
(※今回はあくまでもモニターとしての薄型・小型・軽量技術のお話ですがw)

しかし、
開発が進んでコンタクトモニターが作れたとしても、
学校でのカンニング問題が浮上してきて使用禁止になったり
国から販売中止命令とか出ちゃうんだろうなぁ…という先の不安もあります。
不正行為でせっかくの技術拡大のチャンスを狭めてしまうという悲しいところ。

それでもあきらめずに研究を重ね、未来の為に頑張る技術者たち。
そんな技術者たちに、私は今日も感謝を重ねるのでした。


「そもそもスカウターの戦闘力測定のルールってなんなのか気になる。」
blog_icon_fumin

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

2012年のブログPVランキング発表!

いやはや2012年もブログ更新に明け暮れた?ビックス脳ブログチーム。

1年間の記事別 アクセス数を調べてみました!
昨年もいろいろありましたねぇ♪


ビックス脳ブログアクセス数ランキングトップテン!
※2012年1月1日~2012年12月31日でのPV数  2013/1/3 23:00時点 


第1位 435PV
ついに届いた!広告付き無料パンツ「フリパン」レビュー!
2012年10月10日更新

黄色のパンツ
やはりここでも「フリパン」は強かった!圧倒的な検索回数で1位を獲得!


第2位 333PV
IKEAから『ARカタログ』が発行(海外)
2010年12月07日更新

ikea
2010年の記事がランクイン!やはりARの機能は3年前から注目されていたんですね!


第3位 302PV
地下鉄にスーパーが!?韓国のデジタルサイネージ
2011年07月20日更新

ar
やはりARが上位にランクイン!ARなどの新しい手法や技術はネットでは特に注目されるキーワードですね♪


第4位 223PV
お手軽お絵かき入門その2 ~目に表情をつける~
2011年09月05日更新

004a395d
fuminの書いていた(最近は停滞気味!?)お絵かきブログがランクイン!
このブログの扉絵やキャラクターもfumin作なんですよ!


第5位 158PV
脳波で動くネコの耳。ニューロウェアって?
2011年05月16日更新

neko
「ネコ耳」がランクイン!
最近は派生して脳波で動く尻尾なんかも発表されていましたよね。


以下はこんな感じ。

第6位 137PV
カッコイイ!レクサスの「CinePrint(シネプリント)」広告!
2012年10月29日更新


第7位 126P
ポスターの美女が下着姿に!?面白いARプロモーション
2012年10月16日更新


第8位 123PV
水着ギャルに惹かれてプールへ行く。
2011年08月31日更新


第9位 116PV
WindowsUpdateでエラーが出て困っている人へ「Fix it」
2012年07月19日更新


第10位 111PV
AR(拡張現実)の実例!導入にはアプリ開発費が必要?
2012年07月17日更新




こうみると、2012年はARがかなり多く露出して、認知された年だったと言えるかも知れませんね。果たして今年は何が流行するのかな?

今年もビックス脳ブログチーム一丸となって、新しく面白くためになる情報を発信していきたいと思います!
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

2012年11月のブログアクセス解析結果

あっという間に12月になってしまいましたが、
たまには「ビックス脳ブログ」のアクセス解析でもしてみましょう!

ってことで2012年11月のブログアクセスの上位の結果発表ですっ!
※2012年12月3日現在



1位:ついに届いた!広告付き無料パンツ「フリパン」レビュー!(118PV)
黄色のパンツ


2位:カッコイイ!レクサスの「CinePrint(シネプリント)」広告!(89PV)
1


3位:ポスターの美女が下着姿に!?面白いARプロモーション(50PV)
STORE_crop


4位:WindowsUpdateでエラーが出て困っている人へ「Fix it」(40PV)
a4083894


5位:個性が光るスポーツクラブ(26PV)
Renaissance
スポーツクラブ&スパ ルネサンス広島ボールパークタウン





ちなみに11月の検索キーワード(フレーズ)の上位はこんな感じでした♪
検索キーワード


やはり初発送された「フリパン」や発売されたばかりの「Windows8」、カッコイイ「シネプリント」のキーワードが上位にいますね。
でも検索エンジンからだけでなく、ビックスのフェイスブックページからも110のUU(ユニークユーザー)がアクセスしてくれていました( ´ ▽ ` )ノ(1ヶ月全体で939のUUでしたので、12%くらいかな?




解析してみるとなかなか面白いですね♪
今後は定期的にアクセス解析結果を投稿しようと思います!
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

ARのバーチャル店舗で買い物までできちゃう!?

このブログでも何度も取り上げているAR(拡張現実)機能を活用したプロモーション。

中国ですごい大掛かりなキャンペーンが行われたようです。


ネタ元:カメラをかざすと1,000店舗・1,000種のアイテムが出現! 中国で行われたARキャンペーン事例 -wired.jp-
中国の大手食品ECサイトを運営する「Yihaodian」が行ったのは、ARを活用したキャンペーン。その内容は、中国全体でヴァーチャルなスーパーを1,000店舗つくるというもの。
町中の何もない空間でスマートフォンのカメラをかざすと、出てくるのはお店と商品。実際にそのお店でもYihaodianのサイトと変わらず商品を買うことができ、配送もしてくれる。
-wired.jpから引用-


1

2
-画像はwired.jpから引用-


うーん、すごい規模です。

さらにすごいのは、AR機能でバーチャル店舗を表示させるだけではなく、
実際にその店舗で1,000ものアイテムを購入できる
ってところ。


これ、本格的になれば店舗の出店費用(テナント代とか土地建物代とか)すら
不要になりますよね?
まあ実際に商品を手に取れるわけではないですが、オンラインショップとは違う+αの店舗開発の可能性があり非常に面白い企画だと思いました♪



ほんとARって世界で調べてみると面白い活用方法があるんだなぁと。
日々勉強。そして日々成長!(`・ω・´)キリッ
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

方向音痴の方へ!最終手段のARアプリが無料で登場!

さあさあ。
このブログでも方向音痴の方へARアプリをご紹介してきましたが、
最終手段ともいえるようなアプリが無料で登場しました!


iPhoneのカメラを使った拡張現実で目的地の方向が見るだけで
わかるようになって誘導してくれる「ARマップ」 -Gigazine-


IMG_0054
-写真はGigazineより引用-



これはすごい。

私も早速インストールして使ってみましたが、相当方向音痴の方でも
目的地に着くのではないでしょうか。
※リンク元では、インストールの仕方から使い方まで丁寧に解説しています♪

AR(拡張現実)アプリの充実度は日に日に増しているような気がします。
そのうちARで空中やビルの壁に、普通に広告が表示されるようjな
世界が本当にやってきそう
です。

どうやっても道に迷ってしまう方!
無料なので一度試してみては!?



私は方向音痴じゃないのでわかりませんが、だいぶ便利なようです(笑)
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

近未来の「情報」と「媒体」はARに代わる?

近未来がすぐそこに。

昨年、メガネ(ゴーグル)型のモバイルビューワーが販売されていますが、
それを上回る、AR(拡張現実)搭載のモノが開発されているようです!

しかも開発しているのはGoogle。小型のディスプレイを備えた
ウェアラブル端末「Project Glass」。
ディスプレイのほかマイクとカメラを備え、音声入力にも対応するようです。
完全にハンズフリーで操作できる仕様になりそうですね。

速報:Google、ARメガネ " Project Glass " を発表。公開テストを開始。
- Engadget Japanese -

google-augmented-reality-lady

こ、これは?
かっこいいです!
動画も用意されています。




すごすぎですね(>▽<)

ARの技術が取り入れられているので、実用化されたら見えているお店の広告や特価品情報が目の前に表示されたり、目的の商品を扱っているお店がARを使って道案内(ナビ)されたりもできそう。

そうなってくると、紙でのチラシやポスターよりもAR上の広告のほうが効果的に訴求できてしまう時代が来るのでしょうか?

コンセプト動画の最後で、自分が見ている夕陽を相手に伝えつつ、空いた両手でウクレレを弾いているのも象徴的な場面です。Google は広く一般からのフィードバックを得たいとしていますが、この種の端末で必ず言われる「よそ見をして危ない」「四六時中ネットから離れなくなる」と、「携帯電話の画面を見るよりは安全」「携帯からユーザーの目と両手を自由にする」のあいだであまり噛み合わない議論が盛んになりそうです。

あるいは Google が製品を作ろうが作るまいが確実に現実になりつつある、完全に気付かれずに写真やビデオを撮影する技術が普及したときにどうすべきか、も面白い議題。携帯電話の盗撮はレンズを向けていることが分かりますが、携帯がみなメガネ型になっていたら単になにかを見ているのか撮っているのか分かりません。 - Engadget Japanese より引用-

まだまだ解決しなければならない問題もありますが、非常に楽しみですね♪
日常生活で人が目にする「情報」や「媒体」という概念が、根本から変わってしまいそうです。
販促やプロモーションに関わる手法も、近未来化するのでしょうか?


こういう最新機器にはとことん弱いKanchanでしたw
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

スマフォを使ってサンタガールを探せ!

12月13日に電通国際情報サービスのオープンイノベーション研究所
Ustreamの生放送番組のオトナコドモラボの企画で
サンタガールをさがせ!2011 in 渋谷」イベントを開催しました。

1214
(画像参照元:サンタガールをさがせ!2011 on 渋谷

渋谷の街中に隠れた「サンタガール」をAR技術や位置情報を使って
探索し、スタンプを貯めると景品がもらえるというもの。

これはスマートフォンアプリを活用した実証実験イベントで
「移動するゴール(サンタガール)」を設定する仕組みにより
「特定のエリアに適切なタイミングで誘導する」という試みがあったそうです。

実験の結果次第ではありますが、花火大会やコンサート会場などで
このシステムが実装されれば、イベント終了後の帰宅ラッシュを
帰路別に振分たりして、混雑の解消なんてこともできるかもしれませんね。


blog_icon_takeda

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

最強の方向音痴の方へ

方向音痴といっても程度はピンキリだと思うのです。
「地図が読めない」「北がどっちかわからない」などなど。

家から徒歩5分の私立図書館に遠回りして15分かけて通っていた程。

先日も日光に旅行した際、「徒歩5分」と書かれたホテルに30分以上迷った
あげく、スマートフォンのGPS機能を使ったのにも関わらず、途中で進行方向を
誤り、結局一時間かけて到着ーなんて経験も。

チェックイン後、嫁さんの雷が落ちたのは言うまでもありません。

そんなどうしようもない方向音痴の私に画期的なアプリがコレ!

Yahoo!ロコ アプリ
1213

(画像参照元:Android版Yahoo!ロコ地図アプリ


スマートフォンをかざすと、ARが目的地まで矢印で案内してくれるので
地図が読めなくても迷うことはありません。

到達するまでの予測時間も出るので、初めての待ち合わせ場所でも
焦って走る必要もナシ!

これで道に迷ってしまったらー・・・ 眼科に行くことをおすすめします。
(´・ω・`)



blog_icon_takeda

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)