DoCoMo

ドコモ2013春モデルの12機種を開発・発売

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)は、2013春モデルのラインアップとして、スマートフォン・タブレット11機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計12機種を開発し、2013年1月25日(金曜)より順次発売いたします。(ドコモHP報道発表資料より抜粋)
先日、ドコモから2013春モデルの新機種の発表がありました。その中にとてもおもしろい機種がありました。
それがこれ
smartphone
http://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/2013/01/22_00_4-1.pdf#page=18より引用


背面にディスプレイがついていて、パカっと開くとあら不思議!2倍のディスプレイに。

PDFで情報が発信されていました。
参考資料 2013春モデル 新商品ラインアップ(18ページ目)
参考資料 2013春モデル 新商品ラインアップ(19ページ目)




私はスマートフォンがどうも好きになれなくて、今までガラケーで通して来ましたが、パカっと2倍サイズの画面になることに、とても驚きました。
従来のサイズのスマートフォンはPCに近い機能を持ちながらも、画面が小さすぎてPCサイトは見れず、ボタンも小さすぎて、隣のボタンを押してしまったりと、不便さが目立っていました。
不器用な私にとって、とても使いづらいもののように思えてならなかったのです。

この新機種は、画面が大きいぶん、ボタンも大きくなるそうです。

この時、私は
これならいける!よし買おう!」と思ったのです。

ただ、私が欲しい物の宣伝をしているわけではなく、頑なにスマートフォンは嫌いと言ってきた人がユーザーに変わる瞬間を身をもって体験して、「なるほどこれが販促というものか!」と思ったのです。

いままで、なぜ欲しいと思わなかったのかを、具体的に考えたことはなかったのですが、とてもいい商品を見て、初めて私はこういう商品を待っていたんだ、と気付いたのでした。

需要があるから、それに応えてものを作る以外に

需要そのもの」を産み出していくことが求められているようです。

「欲しいと思っていなかったのに、いい商品を見たら欲しくなった。」

そう思えるようなものが、世の中にあふれたら、消費が促進されて景気もよくなるし、いいものを作ろう!という意欲にもつながりますよね。

日本の技術に乾杯です。(完敗ではない)

yukippe

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

今週のキュレーション(5/18)

今週は、auとdocomoが相次いで2012年夏の新製品発表会を開きました。
両社とも明確にスマホへのシフトが打ち出されいましたね。
「かんたん携帯」も「かんたんスマホ」へ変わり、中高年齢層のスマートフォンへの取り込みが各社ともカギになってくると思われます。

さて、その他のソーシャル系のニュースもたくさん!さっそくまとめます( ´ ▽ ` )ノ

@bickey_tweet


スマホの普及にあわせて、やっぱりというか・・・。あなたは大丈夫ですか?


 私もほとんどiPhoneからですね。先日Twitterも公式の携帯サイトを改善していましたし、リアルタイムの共有はモバイル端末でないと、ね。


 なかなか興味深い記事です。それとGoogleが用意した、調査結果をグラフで簡単に見れるシステムが面白いので、是非見てください!


 確かに。WEBサイトの基本はスクロール。だけどデジタルブックにする場合には、多くが「めくり」の機能を有するサービスが多いですね。ユーザビリティ・アクセシビリティを考慮したとしても、やはり「めくり」は有効なんでしょうねぇ。良記事ですので、お時間がある時にでもどうぞ。


 先日から開始されているアプリダウンロードし放題の新サービス「auスマートパス」ですが、解約したら全てのアプリが消去されてしまうようです。写真系アプリとか使っていて、うっかり解約すると写真が消えてしまうかも?




ソーシャル系のサービスがどんどん増えてきて、もはやどのソーシャルサービスを使っていたのか忘れてしまうくらい。
私もアカウントだけ取得したサービスが多々あります・・・(^^ゞ
やはり活用してこそ!ですよね♪



あと、冒頭でふれたauとdocomoの新製品発表会の様子はUstream録画で閲覧できます。
お時間がある時にじっくりチェックください(>▽<)

あれ?ソフトバンクは・・・?



【NTTドコモ 2012夏モデル 新商品・新サービス発表会】


【au発表会 2012 Summer】


blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)