GPS

大事なモノにはシールを貼ろう

みなさまごきげんよう。


あっという間に四月、春、うらら。

新入社員サンの歓迎会や花見に宴会。

お酒を飲んで自宅に到着。

「えっ!?iPhoneがない!!」

なんてトラブルに見舞われているかたも多いのではないだろうか。


key_


実際、落し物の件数というのは年々傾向にあります。2010年度の警察庁の拾得届受理数は1976万件、何と日本では1.5秒に1件落し物が警察に届けられている計算になります。このうち706万件の落し物に関しては持ち主の手元に戻りますがなんと1000万件を超える落し物に関しては持ち主不明のまま処分されていきます。


そう、日本の落とし物はドンドン増えており

そのうちの半分は持ち主のもとに戻らぬまま処分されているのだ。


そこに目をつけたのが「落し物ドットコム
51

このサービス、わかりやすく説明すると、Twitterとの連携で

【落とした人】と【拾った人】をつなげよう、というもの。

【拾った人】からTwitter経由で寄せられる情報を

【落とした人】がキャッチ。

落し物ドットコム上でのやり取りで無事持ち主の元に戻る、という仕組みだ。



そんな落し物ドットコムからさらにパワーアップしたサービスが登場した。

それが『リターンタグ』だ。

21



『えっ!?GPS?なにそれ?!』というアナタ。

時代はココまで来ている。


まずはスマホやタブレット、携帯ゲーム機など

春の陽気についつい無くしてしまいがちなものにこれをペタっと貼る。
amazonで購入できるようになっている。

registration

こんな感じだ。

item


さあ、準備はオッケー、後は無くすだけだ!


お、心優しい方が拾ってくれたようだぞ!

46

なんと、拾得者がこのQRコードをスキャンしてくれるだけで

その場所がGPSを利用して特定できちゃうよ、という仕組みなのだ。 
(スキャンできない場合は24時間対応のフリーダイヤルも用意されている。)



Web上のネットワークや、最新機器の機能を

リアル世界の問題解決に利用した

助け合いを美徳とする日本ならではのなんとも心温まるサービスではないか!
(外国ではまず成り立たないよね…)

まだまだ駆け出しのサービスではあるが

利用者が広まり誰でも知っているようなもっと大きなサービスになれば

日本の落し物問題は一気に解決しちゃいそうではないか!



落し物をしてしまったら真っ青になる前に、まずはココを覗いてみるのもいいかもしれない。




 
blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

GPSで駅や屋内の道案内が可能に!?

今や当たり前のようになってきた携帯やスマホのGPS(全地球測位システム)機能
外出して場所が分からなくなった時に、地図を開いて現在地を確認したり
目的地までのルートを検索したりと、とても便利です。


しかし、東京駅や新宿駅などの大きな駅内の迷子の場合、GPSの性能では
まだまだ正確な位置が分からなかったりします。


ついに屋内GPSの試験が始まったようですよ。


今なら、誰でも屋内測位を体験できる---東京メトロとヤフーが試験サービスを開始 -ITpro-

駅地下などの通路でも、正確に場所を把握してルート検索ができるようになりそうです。


kw111107met01kw111107met02
-画像はITproより引用-


私もいまだに東京駅や新宿駅、渋谷駅で迷子になりそうになりますので期待大ですw



このサービスが実用化されれば、駅だけでなく屋内に設置されている館内サインが
スマホで簡単に閲覧できて、ルートも検索できるようになるでしょうね。

もはや

スマホ+GPS=アクティブサイン(サイネージ) 

に。


その前にWi-Fiスポットが100%設置されてインフラ整備が先でしょうか(`・ω・´)キリッ

blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

携帯のジオサービス(GPS)はまだまだ拡大しそう。

スマートフォン向けにGoogleが新しいシステムを稼働させたようです。

Google、モバイル検索に“プレイス”検索と複数語検索向け新機能を追加

米Googleは6月14日(現地時間)、モバイル版のGoogle検索サイトに2つの新機能を追加したと発表した。これらの機能はAndroid(2.2以上)およびiOS(4.0以上)搭載の端末で、日本でも既に使えるようになっている。 -ITmedia ニュース-

スマートフォン(Android or iOS)でGPS機能を有効にしていればすでに利用可能です。
早速、試してみましょうっ!(端末は私の個人iPhoneですがw)

まず、スマートフォンでGoogleへアクセス。
で、プレイスをタップすると・・・
※GPS(位置情報サービス)をオンにしていないと警告がでます。

アイコンで分かりやすい!

IMG_0704



で、レストランをタップしてみる。

IMG_0705

ふむふむ。
探すのが楽ちんですね( ̄ー ̄)ニヤリッ

ただし「レストラン検索」で「パレスホテル」が一番上に表示されるあたり、
一般人としては若干違和感もありますが・・・


このプレイスサービスを拡充した背景には、MEOと呼ばれている
Googleマップ上の上位表示サービス(Googleマップ上のSEO対策みたいなもの)を
強化したい狙いがあると思われます。
プレイス検索結果ページのA~の表示順番ってことですね。


もちろん弊社もSEO対策だけでなく、MEOも取り扱っておりますので、
詳しくはお問い合わせくださいませ(`・ω・´)キリッ


(by kanchan)


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

テクノロジーは空から道をつなぐ。

GPSという言葉もかなり身近なものになった。

もとはアメリカの軍が打ち上げた衛星を使った
『全地球測位システム』とかなんとかって代物らしいが
いまやカーナビからスマートフォンから
生活に欠かせないシステムに。

そこでこれ。

http://bit.ly/hDYl8e
ファインドスターネットビジネスニュースより

アンドロイド携帯のGPS機能を利用することで
貧しい国のインフラ整備を進めようという施策。

技術の加速。
後進国の跳躍。
旧世界のロートルが決めた仕切りには
もうヒビが入ってる。

テクノロジーは多くの手に力を与える。
力を活かせるものが生き残る。


これからの時代
地球の自転は加速を続けて
停滞は退化と同じ意味をもつ世界になりそうだ。

(by Hososhi)

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)