SNS

Instagramで直感的ににブランディング

みなさんはInstagramっていう写真SNSをご存知ですか?

no title


2012年、Facebookに約10億ドルで買収されたInstagram(インスタグラム)
月間アクティブユーザー数が2億万人を突破と発表があり、めざましい成長を遂げています。

今までにInstagram上でシェアされた写真の数は160億枚
これは平均1日につき5,500万枚という計算になる。
これほどの人気を誇るソーシャルネットワークを企業のマーケティングやブランディングに活用しない手はないですよね。



今回の事例は、カナダのマツダ。
Insutagramアカウントはこちら。 http://instagram.com/mazdacanada

開いてみると、9マスのデフォルト画面にロードスター(マツダ車)のイメージが並ぶ。
mazda_2
下へスクロールすると、歴代ロードスターのマス目が表示されています。
ひとつづず、いろいろな動画が再生される仕組み
mazda_1


個別動画はいろいろあるので、ぜひ観てください。
下に3つだけ貼っておきます。








ん?現在見てみると、次のロードスターの新車のマスが3つ増えている・・・!?
先日発表のあった新車の情報が徐々に出てきているようですね。
insta1

Instagramという写真SNSの「9コマ」というデフォルトのマスを活用して新車のブランディングに繋げる仕組みは、とてもスマートですよね。PCで見るとバラバラになっちゃいますが、Instagramは基本スマホアプリで見るものですし。
当然、ツイッターやフェイスブックとも連携できるので、両方へ同時も投稿可能です。

ツイッターやフェイスブックよりも、画像や動画で直感的に伝えられる部分は
写真SNSの強み
なのではないでしょうか。


見ていて楽しくなりますね♪



参考サイト

Instagram/mazda canada
TREND HUNTER




ツイッター、フェイスブック、Instagram、VineなどのSNSの活用は
まだまだ進化途中にあると思いますので、日本でもどんどん普及すればいいなぁ。
ご相談はぜひ弊社まで(`・ω・´)キリッ
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

今週のキュレーション(9/19)第185回

急に秋めいてきましたね。
台風も発生しているので、来週は天気にも注意が必要かも。

さて、今週は7つをチョイス。

・ソーシャルメディアなどで発信する情報は誰目線?
・素人とプロの違いとは?
・「実質0円」のもともとの価値って?
・一番止まったら困るwebサービスは圧倒的に○○○だった?

などなど。
今週はコラムを中心に、さまざまなビジネスに共通する情報をチョイスしました。
さくっと読んで、さらなるレベルアップを!


SNSなどの発信ツールで簡単に情報を発信できる時代、お客様目線で物事を判断して発信しないと、伝わらない。自分たちにとって当たり前は、お客様には当たり前ではない、と。同感。
Photogeneからソーシャルメディアへ写真をアップPhotogeneからソーシャルメディアへ写真をアップ / uka0310



ーシャルメディアは企業のためのシステムではないので、企業目線の情報は不要。ファンを増やすことだけを考えていれば、おのずと結果がついてくるのでは。


こちらはwebのお話。やはりwebもユーザー目線でデザイン設計をしないといけませんよ、ということ。弊社ではクライアント企業様のご要望と、エンドユーザーをつなぐweb制作を行っております♪


iPhone6がいよいよ発売!各社で「実質0円」の表記が飛び交っておりますが、もともとの「金額」の価値はあっているのか?という視点で考えてみると・・・。わかりやすいコラム。
Apple - iPhone 6


超必読。いかに素人の集まりでのイベントだとしても、1円でもお金を取ったら、プロとしての仕事を求められる、と。当然ですよね。


iPhone6に先んじて、18日深夜にiOS8のアップデートが開始。1.1GBのダウンロードは・・・(´・ω・lll)


ネットが当たり前の時代、webサービスで一番止まったら困るサービスをアンケート取ったら、ヤフーが圧倒的だったらしい。うーん、私はヤフーは無くてもいいくらいの感想なんだけど。Google全般の方が必要じゃないかなぁ。(個人的感想ですけど)



来週は23日が祝日で、中休み。
先週の3連休と合わせて秋を満喫したい時期ですね。朝晩は冷えますので体調管理にご注意を。
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

今週のキュレーション(6/21)第127回

今週のまとめは5つ。

最新のスマホやSNS情勢からTwitterキャンペーン事例まで、
どれも注目のニュースです。
さっと今週の情報をチェックしましょう!


これは素晴らしい。金銭的な支援ではありませんが、月間5億もWEB流入を増やしてくれるなら、とんでもない価値になりますよね。こういった支援が広がればいいな。
Yahoo




スマホは一気に普及し、ほぼ半分に。でも思ったよりSNSユーザーの数は増えていないようです。SNSヘビーユーザーが複数のSNSを利用しているってことでしょうか?


フォローできないくらい速い車のプロモーション事例。本当にフォローできませんっ(*≧▽≦)ノシ
116



WEBコンテンツの価値はどこにあるのか、を考えさせられるコラム。情報やコンテンツが偏ってしまっては、閲覧者に有益な情報を与えられない、と。同感。WEBプロデューサーには幅広いスキルが求められています(`・ω・´)キリッ


新しいキュレーションアプリを発見しましたよ。複数の情報源からチョイスして配信。キュレーター能力はこれからの情報化社会において必須の能力だと思います。日々訓練です♪
vingow_1





ちなみに私はTwitterを中心に、SmartNews、Gunosy、Vingowで
情報を収集しています。

コンテンツのクリップはPocket、配信はBufferとHootsuiteを使っております。
ご興味のある方はぜひどうぞ(。・∀・)ノ゙
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

たまにはのんびり会話を楽しもう。

みなさんはスマホを1日にどれくらい使いますか?

統計データでは、利用時間はどんどん長くなりSNSやO2Oなどの利用も
増えているそう。
参考資料:スマホ使用状態調査、7割以上がスマホにして利用時間増加


私も通勤時間を中心に、スマホで常に情報をチェックする癖がついているし
食事にいったら写真を撮ってSNSにアップするのが習慣になってしまっていますよね。

そんなスマホの普及と合わせてO2O(オンライン to オフライン)のサービスが
続々とスタートし注目されています。

でもアプリやシステムの開発にはお金も時間もかかるし・・・
と思っていたら、全く逆の方法で集客した事例を発見。



まずはこの写真。
日本でも最近見かける風景。

テーブルに座って、みんなでスマホやタブレット画面を見ています。
これって楽しんでるようには見えませんよね(笑)
4




そこでオランダのビールブランドの一つ、AMSTEL BIER(アムステルビール)が
「携帯電話を預けるとビールが1本無料になる」というキャンペーンを実施。



まず入店時に携帯を鍵付きのロッカーに預けます。
この時点でちょっと不安になる人もいるのでは?(私も若干不安です・・・)
1


がっちりカギを閉められちゃいます。
この鍵と引き換えにビールの無料券が貰えるそう。
Amstel Safe  Wardrobes for Smartphones  Case Study  - YouTube


そして会話とお酒を楽しみます♪(←ここがメインですよね)


もちろん楽しく飲んだあとは携帯を返してもらえます(笑)
3



動画もどうぞ。




SNSや携帯ゲームの依存症が問題になる中、人との会話を楽しみましょう、という
バーの基本に立ち返ったプロモーション

でも逆に飲み終わってから、SNSにこのキャンペーンの情報が露出して
認知が増えるのではないでしょうか。
ちょっとバズ的な要素も感じられるキャンペーンですよね。


お酒を飲む時は携帯を忘れて会話を楽しみたいですね♪
※楽しみすぎて本当に携帯を忘れていかないように注意しましょう。


元記事:スマホ依存症対策に。スマホを預けると、ビールが1本無料になるバー



私は携帯を忘れないように、家呑み中心です♪
妻と愛犬とベランダでのんびり涼みながらの晩酌は格別です。
※ただし蚊に刺されるので虫よけは必須ですが。
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

『選挙2.0時代』来る。

みなさまごきげんよう。


LINEが大流行である。(いまさら…)

以前、拙著でも紹介したが(明けおめーる2012年12月28日「ビックス脳」) 

いまやユーザは日本だけでも4,500万人といわれ、女子中高生だけでなく

家族内でのやりとりや、学校でのクラス内の連絡網にも使われているとか。

「グループ」 と呼ばれる特定の集団内で手軽にメッセージを共有できる仕組みが効いているようだ。


そこでこんなニュース。

ネット選挙解禁を受け、政党の「LINE公式アカウント」登場

政党は「LINE 公式アカウント」を開設することで、国内4,500万人以上のLINE利用者に対して、テキスト・画像・動画などでリアルタイムに最新の情報を有権者に配信することができる。また、一定時間の間、ユーザーから意見を募集することができる「ON AIR機能」を利用して、有権者からの意見・要望を受け取ることや、双方向型のコミュニケーションを行うこと
も可能。(「MarkeZine」記事内より抜粋)


早速、調べてみた。



写真 2013-05-13 17 00 43
 
おおお!

できてるできてる!!
(ん?「最新のイベント・グッズ情報をお届けします」って…なに??) 


来る参院選に向け、各党とも迎撃態勢万全といった体である。

投票率の低い20代、30代といった層は、まさにLINEユーザ層には「どハマり」。

有権者の関心は高い。ネット広告大手「アイレップ」(東京)が2月に1000人を対象に行ったネット選挙に関する調査では、「積極的にネットを参考にしたい」が76%に上り、「ネット選挙で投票率が上がる」と回答した人は57%。(YOMIURI ONLINEより抜粋) 

選挙離れが懸念される若者の意識改革にも効果。

数%単位での投票率の上昇が期待されそうじゃあないか。

これはよかったよかった。


と、ここで注意点も。

よく言われているのが俗にいう「なりすまし」

顔の見えないネットの世界では個人がカンタンに他人のフリをすることができてしまう。

もちろん対策(自民党、議員ページになりすまし対策技術導入 - ネット選挙解禁に向け準備) は施されるのだろうが

初めてのこと、というのは

実に何が起こるかわからない。




そこで。

すぐそこに迫った選挙にあたって、もちろんLINEだけでなく

facebookやtwitterといったSNSなどを通じて、各党の政策について考えるとき

ひとつアタマに置いておいてほしいことがある。

本ブログでもよく訴えていることだが…

『情報の本質を見抜く力』
 
これを磨いておいてほしいのだ。 

【hososhiが提唱するだまされないネット活用3か条】
○多くの情報に触れ、比較する力をもつ。
○TVやチラシなど正確な情報と併せて偽物を見抜く。
○いいことばかりを鵜呑みにしない。

もちろん普段のネットサーフィンから

ネット上の口コミや広告には上のようなフィルターをかけておくことが必要だが

特に選挙といった大事な情報を得るときには気をつけてもらいたい。


とはいえ、『選挙2.0時代』の到来。

これまでに増して、国民一人ひとりの意見を反映した選挙となるはずだ。

楽しみながら参加しようではないか!!

closeup1304_02
(画像は「Yahoo!みんなの政治」より)
blog_icon_hososhi

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

SNSは有益に!

今の世の中、

SNSは暮らしに無くてならないものですが、


mixi、Facebookなどの近況報告的なやりとり以外にも

コメントやトラックバックができるブログや電子掲示板

もそうですし、

人と人のつながりをサポートする会員制のサービス、

またはそういったサービスを提供するサイトのこと



それらをひっくるめてSNSということになっています。



そこで、こういったサイトこそ人のつながりの大事さを実感して 

まったくもって有益なSNSと言えるのではないか?

というものを今回はご紹介します。

(といっても、私には今の所まったく無関係ですが)



その名も「ピッタLink」

001


あなたに「ピッタリ」の薄毛“口コミ”見つかる!なのだそうです!!



会員になると

独自の「ピッタリ指数」を算出し、

あなたと薄毛タイプが似た「ピッタリ」なメンバーをリストアップしてくれ

薄毛対策商品クチコミなどがGETできちゃいます。



商品クチコミは、

ピッタリ指数が近い人(例えば70%とか80%とか)のコメントがかなり有益だ

というウワサでけっこう話題になっているらしいです。


自分に最適な商品ジャンルも

シャンプーやヘアケアだけじゃないっていうのは

参考になるのかどうか分かりませんけど・・・



先日のブログのサッカースパイクの話では無いですけれど

「自分ごと」ってやっぱり気になってしまうのでしょうね。


(繰り返しますが私は無関係です!)



このサイト、実は期間限定で、

NTTコミュニケーションズがβ版実証実験サービスとして作っていました。


関心ある方、切実な悩みをお持ちの方は

終わってしまう前に一度登録してみることをお勧めします。






blog_icon

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

webへの流入増加はソーシャルメディアにあり。

webサイトの流入手法っていろいろあります。
SEO対策やリスティング広告などなど。

でも最近は変わってきているようです。


楽天が出資するピンタレスト、ECとの連携効果が「Shopify」でも実証

Pinterestjpg


これ、ECサイトの例ですが、かなり衝撃を受けました。


Pinterest -ピンタレスト-」という画像共有のSNSなんですが、
ここからECサイトへの流入がすでにTwitterと並んでいるそう。

ShopifyPinterestA
-画像は メディア・ハブより引用-


ECサイトの商品写真にピンタレストへ「Pin(画像を貼る)」するボタンをつけるだけ。
ピンタレストの商品写真が気になった人がECサイトへ訪れて買い物するっている単純な導線。


単純だけど深い。そしてわかりやすい。


私は男だからか、写真だけでモノを買うってことはまずしないんですけど、
女性はイメージや感性でモノを買うことが多いようですねぇ。
※テレビショッピングや通販サイトが受けいれられる要因でしょうか?


上の表を見てもわかるようにSNSからのECサイトへの流入は予想を超えて多い。
facebook・Twitter・Pinterestの3つのSNSからだけで、
web流入の33.6%にもなっている。



特にECサイトでは、ロングテールSEO対策やリスティング広告、
インタレストマッチやレコメンド広告などのパーソナライズされた情報による
広告展開が多かった
ように思う。

そもそも「パーソナライズ」された情報を活用するというなら、
ソーシャルメディアに勝てるものはないですよね。




今後のwebマーケティングにも大きく影響が出てくるでしょう。
まだまだSNSに注目です!(`・ω・´)キリッ
blog_icon_kanchan

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

これからのSNSに求めること

mixiから始まり、Twitterなど近年webサイトには
数多くのSNS(ソーシャルネットワークサービス)が存在します。

爆発的な普及の要因には「手軽に出来る」などWeb特有の利点が
あるからだと思いますが、手軽だからこそデマや出会い系などの
トラブルにつながる危険性があります。

「自由にできる」を「自由にしていい」と勘違いする人が多くいるから
本来楽しむべきSNSが楽しめない状態にあるのではないでしょうか?

そんな中私が紹介したいSNSはコチラ↓

ネスレゆずりば
1110

ネスレ日本が運営する「ネスレアミューズ」内のSNSサイト。

会員同士で「不用品」を交換しあうことが目的で、物々交換をする
際にFacebookを使うといった仕組み。

Facebookは原則実名登録なので、安心してコンタクトが出来ます。

つまり私がこれからのSNSに求めるのは、「明確な目的」と「透明性」
ではないかと思うのです。

意外とFacebookを始めてみたものの、知り合いに使ってる人がいなく
放置している人が多いと聞きます。
その多くの人は「いつか誰かから話しかけてくれる」と思ってるらしいのですが
そんなの道の真ん中に立ってる見知らぬ人に話しかけるのと同じです。

連絡手段が、手紙や電話だけだった昔とは違い、今はインターネットを
経由することで、いろんな人と出会うことができるようになっているはず
なのですが、そのツールを活かしきれていない人がほとんどです。

「SNS」という近年の新しいコミュニケーションツールが、これからは
ただ繋がるだけでなく、その先に何かが生まれるような、よりよいツールに
発展してくれるよう願うばかりです。

blog_icon_takeda

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

今週の注目記事ツイートまとめ(6/10)

ジメジメした毎日が続いていますが、熱中症に注意して頑張ってまいりましょう(*・ω・)ノ
今週のツイートまとめは5つ。


2011/06/06 10:36:36
無料でSNS解析システムを提供してほしいな~。 RT @nikkeibpitpro: Google、コンテンツのソーシャル解析を手がけるPostRankを買収(ニュース) http://tinyurl.com/3dtuvw4 #itprojp
いろいろな業態に手を伸ばし買収で業務拡大中のGoogleですが、SNS解析の会社も買収したようです。
これは無料のSNS解析ツールの提供が待ち遠しいですね( ̄ー ̄)ニヤリッ


2011/06/07 09:19:15
いよいよ日本でもインターネットテレビの時代が。 RT @gigazine: YouTubeやTwitterをサクサク快適に楽しめるテレビの新しいカタチ、ソニー〈ブラビア〉のインターネットテレビ機能レビュー http://gigaz.in/VKTly
アメリカで発売されたGoogleテレビとは違うようですが、インターネットとテレビ、テレビとスマートフォンの融合は、もう現実のものになりつつありますね。


2011/06/07 09:20:21
IEご利用の方は早く7以上に変えましょう。Web制作者はみんな思っていますw RT @nikkeibpitpro: IE7もサポート終了へ、グーグルが変えた業界の慣習(記者の眼) http://tinyurl.com/3fcgqnf #itprojp
IE6や7の方は、早くアップデートしましょう。Web制作業者を悩ませているIE6は、もう切り捨てても大丈夫か!?


2011/06/07 18:10:30
面白いっ! RT @nikkeibpitpro: つぶやきを解析してお薦めVOD作品を提案、ひかりTVで新プロモーション(ニュース) http://tinyurl.com/3tgqz3f #itprojp
コレは秀逸なプロモーションだと思います。やや結果がこじつけの部分もありますが(笑)
ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひやってみてください。かなり凝ったプロモーションです。


2011/06/08 09:48:12
面白い表現ですねぇw RT @gigazine: キーボードで頻繁に打たれるキーを可視化するとこうなる http://gigaz.in/VNmzb
なるほど。普段何気なく使っているキーボード。「表現を変える」と、こうなるのですね(*゚∀゚)っ
いや、このままじゃ打てないとは思いますけど(笑)




毎日、面白い情報がリアルタイムに飛び込んでくるツイッター。
Webとの連携ではありますが、いちいちスマホや携帯のブラウザを起動して見に行かなくても
必要な情報はどんどんTL(タイムライン)に更新されていきます。

私の朝夜の通勤時間(片道約90分)は、ほぼツイッター(笑)
リストを作れば、まとめて情報をチェックできるので大変便利です♪

まだの方はどうぞ。 →Twitter公式サイト


(by kanchan)

※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。

SNSでの、あなたの影響力や価値って?

SNSであなたの影響力を図れる基準として、インフルエンサー評価があります。
ご存知ですか?


これはツイッターなどSNSでの影響力を図る基準なのですが「Klout score」と
呼ばれる数値があるんです。

それを簡単に調べられるサイト「Klout.com

私もやってみました♪
klout
55」の数値が私のKlout score(影響力)のようです。
数値の算出はいろいろな要素があるようなので、詳しい解説はこちらでどうぞ。
インフルエンサー評価のスタンダード~Klout Score ってなに?



他にも自分のツイッターアカウントの価値を金額で表示してくれるサイトが。
ツイットヤム

で早速やってみる。
ツイットヤム
おお!私のツイッターアカウントの価格は5,271,879円だそうです(`・ω・´)
なかなかでしょうか。
これが本当のお金だったら・・・アカウントを売ってしまうかもw



ツイッターでフォロワーや登録している市や県単位での順位なども把握できる
便利なサイト「まちツイ」をご紹介。

ここはフォロワーのエリアごとのランキングなどを調べることができます。
まちつい
私はすでに47都道府県のフォロワーがいましたのでこんな感じになりました。
市や県、全国ランキングなども見ることができます♪
SNSって、他の人とのつながりが大切なので、これを見ると改めて繋がってるんだな~
などと思ってしまいます。


私もツイッターで知り合った仲間と討論したり、実際に会って飲んだり(笑)
いろいろ活用方法はあると思います。

まだまだSNSの可能性も楽しみ方もあると思います。
あとは販促に生かせれば・・・(一番の難題ですが)

あ、ツイッターアカウントの登録がまだの方はこちらからどうぞ。


(by kanchan)


※弊社商品およびサービス以外の記事内容およびリンク元の内容については、弊社では対応いたしかねますのでご了承ください。
最新記事(50件)
月別アーカイブ
ユニークユーザー(UU)

    ページビュー(PV)